News デイビッド・リー スパーズ

Published on 7月 29th, 2016 | by Tunaパスタ

3

スパーズがデイビッド・リーと2年契約へ

現地28日、FAのデイビッド・リーがサンアントニオ・スパーズとの契約に合意した。

ESPNによると、オファー内容は2年/320万ドルで、2年目がプレーヤーオプションとのこと。FAになってからスパーズと交渉を続けてきたらしく、リーのエージェントは今回の契約について、「他に経済面でもっと良い場所を選ぶこともできたが、ポップ(ポポビッチHC)とR.C.(ビュフォードGM)は、チームにとってどれだけリーが重要な存在になれるかを知ってもらおうと熱心に働きかけた」とコメントしている。

リバウンドとプレーメイキングに強いビッグマンとして頭角を現し、2012-13シーズンにはオールスターに選出されたリーだが、ウォリアーズのチャンピオンシップイヤーとなった2014-15シーズンに、プレシーズンでの怪我、並びにドレイモンド・グリーンの大躍進により、スタメンからベンチに降格。さらに、PFの機動力が重視されるスモールラインアップがリーグのトレンドとなる中、ディフェンスの弱さが一段と浮き彫りになり、ここ2シーズンはプレータイムが大幅に減少した。

昨年のオフにセルティックスへとトレード移籍して再起を図るも、以前のようなインパクトを残すことができず、シーズン中盤にはすっかり出番がなくなり、2016オールスターブレイク後にチームから解雇。このままフェイドアウトしそうな雰囲気さえあったが、その後契約したダラス・マーベリックスでは、主にベンチからスモールラインアップのセンター役として活躍し、25試合(平均17.3分)で8.5得点、7.0リバウンド、FG成功率63.6%を記録している。

今年で33歳、キャリア12シーズン目となるリー。守備面で不安はあるものの、今夏オフにティム・ダンカン、ボリス・ディアウ、デイビッド・ウェストらを失ったスパーズにとっては、すでに目ぼしいFAビッグマンが残っていない状況の中、格安でフロントコートの補強に成功したと言える。

Image by Keith Allison

参考記事:「ESPN

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • pmd

    いつも楽しく拝見させていただいています。
    スパーズファンとしてリーの獲得は本当に嬉しい限りです!!
    まだ不安は残りますが、ゴール下もなんとか戦える状況まで戦力を整えてきた感じですね。
    ガソル、リーと獲得した選手が正直ピークをすぎた感は否めませんが、オルド、ガソル、リーと改めて見ると、十分な戦力とも思えます。
    パーカー、ジノビリがもうそろそろ潮時、、という感じがしなくもないので、来シーズンにチャンピン争いをしてほしいです!!

    • 昨季スパーズのビッグは、ピック&ポップに強い選手ばかりだったので、ロールからインサイドを攻めたり、プレーメイクできるリーの加入は嬉しいですね。オルドリッジ/ガソル/リーなんて、数年前なら夢のフロントコートローテーションですよ。ビッグマンはディフェンスがより重視されるような時代になりましたが、アンセルフィッシュなモーションオフェンスに期待です!
      ただGSWに勝てるような気がしない…。

  • masayann

    りーまでスパーズに行きましたか。これはウォリアーズ対スパーズの時はインサイド対アウトサイドの戦いになるんですかね?

Back to Top ↑