News %e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%96%e3%83%bb%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af-%e7%ac%ac3%e9%80%b1-2016-17

Published on 11月 15th, 2016 | by Tunaパスタ

3

デローザンとハーデンが2016-17第3週のプレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク

NBAが現地14日、2016-17シーズン第3週のプレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク(週間最優秀選手)を発表。ロサンゼルス出身組のデマー・デローザンジェイムス・ハーデンの2人がそれぞれのカンファレンスで選出された。

今季開幕から30得点超え連発の快進撃を続けるデローザンは、現地11月7日~13日に行われた3試合で34.7得点(リーグ1位)、4.7リバウンド、4.3アシストを平均。ラプターズの週間3勝0敗に大貢献した。開幕9試合中8試合で30得点以上を記録したのは、1986-87シーズンのマイケル・ジョーダン以来初だ。

なおデローザンにとっては、今回がキャリア2回目のプレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク選出となる。

▼ホーネッツ戦34得点

キャリア通算10回目の週間最優秀選手受賞となったハーデンは、先週の3試合で平均27.0得点、14.3アシスト(リーグ1位)、9.7リバウンドを記録。9日と12日のスパーズ戦で2試合連続トリプルダブルを叩き出すなど大活躍し、ロケッツを週間2勝1敗に導いた。

▼トリプルダブルvs スパーズ

第3週は他に、ブルズのジミー・バトラーが29.0得点、7.0アシスト、4.0スティールでチームを3勝1敗に牽引。ウェスタンカンファレンスでは、7日のペリカンズ戦でスリー新記録を樹立したステファン・カリーが平均33.3得点/6アシスト、ウルブズのアンドリュー・ウィギンスが平均33.5得点の好成績を収めている。

▼第3週ハイライト

Image by Keith Allison

参考記事:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑