News マイク・ビューデンホルツァー ホークス コーチ・オブ・ザ・イヤー

Published on 4月 21st, 2015 | by Tunaパスタ

5

2014-15シーズンのコーチ・オブ・ザ・イヤーはATLのビューデンホルツァーHC

NBAは現地21日、2014-15シーズンのコーチ・オブ・ザ・イヤー(COY)を発表。アトランタ・ホークスをイースタンカンファレンス第1シードに導いた2年目ヘッドコーチのマイク・ビューデンホルツァーが受賞した。ホークスがCOYを獲得するのは球団史上4回目、1994年のレニー・ウィルケンズHC以来となる。

今季のホークスはビューデンホルツァーHC指揮のもと、昨季の38勝44敗から大躍進を遂げ、リーグ2位、イースト首位、フランチャイズ史上最高の60勝28敗を記録。12月から2月にかけて球団記録となる19連勝を達成するなど、想像を遥かに超えた快進撃を披露し、2015年オールスターゲームには先発選手のうち4人が選出された。

ビューデンホルツァーHCはスポーツ記者130人による投票で、1位の513ポイントを獲得。ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHCは、471ポイントという僅差で2位だった。3位には、ミルウォーキー・バックスを昨年の最下位チームからプレーオフチームへと導いたジェイソン・キッドHCが選ばれている(57ポイント)。

カーHC、ビューデンホルツァーHCのコーチ・オブ・ザ・イヤー受賞について:

「私はビューデンホルツァーHCのプレーをいくつも盗んだ。でも彼は私のプレーを一つも盗んでいないと思う」
– スティーブ・カー

今年のCOYはウォリアーズを歴代屈指のチーム(67勝15敗)へと押し上げたカーHCで確定だと思い込んでいたので、正直なところ少し驚いた。だがビューデンホルツァーHCなら十分に納得できる。

Via @NBATV

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑