News ジミー・バトラー MIP

Published on 5月 8th, 2015 | by Tunaパスタ

2

得点/リバウンド/アシストでキャリアハイのジミー・バトラーがMIP受賞

現地7日、NBAが2014-15シーズンのMIP(NBA Most Improved Player Award)を発表。得点、アシスト、リバウンドでキャリアハイを記録したシカゴ・ブルズのジミー・バトラーが選出された。ブルズからのMIP受賞は球団史上初となる。

MIPは前年度と比較して最も成長したプレーヤーに与えられるアワード。NBAメディア関係者129人の投票の結果、バトラーは1位票数全体の71%にあたる92票で535ポイントを獲得した。過去MIPで、最も大差での受賞だという。

2位は1位票11と2位票43の200ポイントでゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーン、3位は1位票12で188ポイントを獲得したユタ・ジャズの ルディ・ゴバートだった。

▼ジミー・バトラー、2014-15トップ10プレー

今季のバトラーは、昨季までの高いディフェンス力を継続させる一方で、オフェンスのパフォーマンスが大幅に躍進。シーズン序盤から攻守でブルズを支え、11月には自身初のプレーヤーズ・オブ・ザ・マンス、2月には初のオールスター出場を果たした。

▼バトラーのスタッツ比較

2013-14 2014-15
試合数 67 65
出場時間 38.7 38.7
得点 13.1 20.0
リバウンド 4.9 5.8
アシスト 2.6 3.3
スティール 1.8 1.6
ブロック 0.5 0.6
FG% 39.7% 46.2%
3P% 28.3% 37.8%
FT% 76.9% 83.4%

前年と比べて、オフェンスの効率が飛躍的に伸びている。昨季のバトラーはFGアテンプト数の34.6%をスリーポイントシュートが占めていたが、今季は21.2%にまで減少。代わりにもっと確率の高いゴール下3m以内のシュートの割合が37.1%から45.7%へと増加した(データ)。

▼ショットチャート

ジミー・バトラー ショットチャート 比較

▼ヒートマップ

ジミー・バトラー ヒートマップ 比較

MIPのトロフィー授与セレモニーは、現地8日のキャブス対ブルズのシリーズ第3戦前に行われる。

via @NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Mason P

    彼は少年期からプライベートの苦労を乗り越えて来た人だけにタフな精神を持っているんだと思います。ディフェンスの上手い選手がオフェンス・スキルを高めていくパターンは理想的な感じがしますね。逆にオフェンスばかりの選手がディフェンス力を高めていくのは難しいのかな。
    とにかく今季のバトラーはシーズン通して頼れる存在でした。もう地味ー・バトラーなんて呼ばせません(呼ばれてないかw

    • 地味ー・バトラーはひどい笑

      でも本当にタフな選手ですね。レブロンへのディフェンスも見事です。ミドルレンジ・ジャンプショットも凄く良くなっていて驚きました。やっぱり死ぬほど練習したんだろうなあ。
      レナードやポール・ジョージ、バトラーのようなオールラウンドなウィングプレーヤーは貴重ですからね。

Back to Top ↑