News %e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%96%e3%83%bb%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af-%e7%ac%ac10%e9%80%b1-2016-17

Published on 1月 3rd, 2017 | by Tunaパスタ

5

ウォールとハーデンが2016-17第10週のプレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク

ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールとヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンが、2016-17シーズン第10週のプレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク(週間最優秀選手)に選ばれた。

今季初でキャリア6回目の選出となったウォールは、12月26日から1月1日に出場した3試合で24.3得点、13.0アシスト(リーグ1位)、5.3リバウンド、2.67スティールを平均。26日のバックス戦でシーズンハイの16アシストを記録した他、28日のペイサーズ戦では36得点、11リバウンド、9アシストの大活躍をみせ、ウィザーズを週間3勝0敗に導いた。

開幕2勝8敗の低調でシーズンをスタートした今季のウィザーズだが、11月半ばから大きく軌道を修正し、直近12試合では9勝4敗の好成績を記録。現地1月2日の時点では16勝17敗でイースト9位につけている。

▼30日のネッツ戦ではセンス抜群のバウンスパスを披露

今季3度目かつキャリア12回目のプレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク選出を果たしたハーデンは、先週の4試合でリーグ1位の37.3得点、12.5アシスト(リーグ2位)、9.8リバウンド、FG成功率56.0%を平均して、ロケッツを4勝0敗に牽引。4試合すべてで30得点/10アシスト以上のダブルダブルを記録し、31日のニックス戦では自己最多53得点でのトリプルダブルを達成と、8年のNBAキャリアで最高の1週間となった。

なお12月のロケッツは、1試合120.9点を平均して15勝2敗。2日の時点で、ウェスト2位のサンアントニオ・スパーズまで1ゲーム差に迫っている。

▼キャリアハイ53得点トリプルダブル

第10週は他に、セルティックスのアイザイア・トーマスが平均34.7得点、キャブスのレブロン・ジェイムスが平均27.5得点/10アシスト/7.0リバウンド、カイル・ラウリーが平均29.8得点で活躍。ウェスタンカンファレンスでは、ブレイザーズのC.J.マッカラムが4試合で平均30.3得点を記録している(1月1日のウルブズ戦でキャリアハイ43得点)。

▼第10週のクロスオーバーハイライト

Image by Keith Allison

参考記事:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 36s

    今のところ、MVP最有力候補がハーデンですね。
    6thマンのゴードン、HCのダントーニとこのまま行くと
    HOUが賞だらけになりそうwww

    • ロケッツはこのペースでいけば、MVPとCOYの最有力候補になりそうですね。6thマンはHOUのゴードン、TORのパターソン、LALのルー・ウィリアムズあたりでしょうか。それで新人王がエンビードで、MIPがヤニスみたいな…。
      DPOYはどうなりますかね。ジャズのゴベールかウォリアーズのドレイモンドが有力候補かな?

      • 36s

        ルーはITと揉めた時にとってるんで個人的には避けてほしい。
        新人王はエンビートでほぼきまり、MIPはヤニスですかね、ITに取って欲しいな。
        DPOYは希望はドレイなんですが、チーム失点を考慮するとゴベールでしょう。

        • そういえば、少し揉めていましたね。あの頃はITがここまでのスター選手に成長するとは想像できなかったです。
          やはりDPOYはゴベールとグリーンの争いになりそうですね。ウォリアーズも開幕直後は守備がやや不安定でしたが、今ではスパーズと並んでリーグ2位タイと昨季までのディフェンス力が戻ってきています。個人的には、ここからレナードの逆転劇に期待です。

          • 36s

            ITは成り上がりっぷりが凄いですよね。
            レナードの3年連続に期待しましょう!!十分ありえるんで。

Back to Top ↑