News %e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%96%e3%83%bb%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af-%e7%ac%ac2%e5%91%a8-2016-17

Published on 11月 8th, 2016 | by Tunaパスタ

1

レブロンとジョージ・ヒルが2016-17第2週のプレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク

NBAは現地7日、クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスとユタ・ジャズのジョージ・ヒルが、2016-17シーズン第2週のプレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク(週間最優秀選手)に選出されたことを発表した。

開幕週に続いて2週連続、キャリア通算55回目のプレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク選出となったレブロンは、10月31日から11月6日の3試合で24.7得点(イースト4位)、11.3アシスト(イースト1位)、9.3リバウンドを平均。キャブスを週間3勝0敗、開幕6連勝へと導いた。

またレブロンは現地5日のフィラデルフィア・76ers戦で、キャリア通算得点でアキーム・オラジュワンの記録を上回り、NBA歴代トップ10に浮上している。

▼11月3日BOS戦、シーズンハイ30得点

キャリア9シーズン目で初の週間最優秀選手を受賞したヒルは、先週の4試合で平均20.8得点、5.8アシスト、3.3リバウンド、3P成功率55.0%(20本中11本)を記録。2日のマブス戦でシーズンハイの25得点、6日のニックス戦で同じくシーズンハイの9アシストをマークした他、1日のスパーズ戦では22得点、7アシストでゴードン・ヘイワードがいないチームを引っ張り、ジャズの週間3勝1敗に大貢献した。

今季のジャズは、ヒルが20得点以上を獲得した試合の成績が4勝0敗となっている。

▼マブス戦、シーズンハイ25得点

第2週は他に、ラプターズのデマー・デローザンが4試合で平均32.5得点をマーク。ウェスタンカンファレンスでは、ロケッツのジェイムス・ハーデンが33.7得点(リーグ1位)、14.0アシスト(リーグ1位)、7.3リバウンド、サンズのデビン・ブッカーが2試合連続でキャリアハイを更新し、30.7得点を平均した。

▼2016-17第2週のトッププレー

参考記事:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ケンタブー

    ヒルはポポヴィッチHCが手放したくなかったと言わせるだけのプレイヤーだと思います。経験を積んで球離れも良くなり、得点も取れる良いPGだと思います。
    今季も記録的なシーズンで、スタープレイヤーが脚光を浴びていますが、こう言った過小評価されがちな選手にもスポットが当たると嬉しいです。

    今季のNBA、完全に出遅れました笑

Back to Top ↑