News マッカラム MIP

Published on 4月 23rd, 2016 | by Tunaパスタ

4

ブレイザーズのC.J.マッカラムが2015-16シーズンのMIP受賞

NBAが現地22日、2015-16シーズンのMIP受賞者を発表。ポートランド・トレイルブレイザーズのガード、C.J.マッカラムがダントツの1位票数で選出された。

前シーズンと比較して、最も成長した選手に贈られるMIP。NBA記者130名による投票の結果、マッカラムは1位票数101票の合計599ポイントを獲得し、2位のケンバ・ウォーカー(166ポイント)に大差をつけての受賞となった。3位にはバックスのヤニス・アデトクンボ、4位はステファン・カリーが選ばれている。

プレーヤー Pt 1位票
1 C.J.マッカラム
(ブレイザーズ)
559 101票
2 ケンバ・ウォーカー
(ホーネッツ)
166 7票
3 ヤニス・アデトクンボ
(バックス)
99 4票
4 ステファン・カリー
(ウォリアーズ)
83 7票
5 ウィル・バートン
(ナゲッツ)
62 1票

2014-15シーズンは62試合で平均プレータイム15.7分とあまり活躍のチャンスがなかったマッカラムだが、今季は平均34.8分で80試合すべてにスタメン出場。シーズン開幕戦でキャリアハイの37得点を記録するなど、序盤から予想をはるかに上回るパフォーマンスをみせ、得点やアシスト、リバウンドだけでなく、シュート成功率も伸ばした。ブレイザーズの選手がMIPを受賞するのは、1987-88のケビン・ダックワース、2003-04のザック・ランドルフに続いて、マッカラムが球団史上3人目となる。

2014-15 2015-16
出場時間 15.7分 34.8分
得点 6.8 20.8
アシスト 1.0 4.3
リバウンド 1.5 3.2
スティール 0.7 1.2
FG% 43.6% 44.8%
3P% 39.6% 41.7%
FT% 69.9% 82.7%

▼12月27日キングス戦、35pt/11reb/9ast

なおESPNによると、MVPを受賞した翌シーズンにMIP投票で10位以内に入った選手はカリーが史上初らしい。

参考記事:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • masayann

    やはりmipはマカラムでしたか、、、順当といえば順当かもしれませんね

    • CJでしたね。しかもぶっちぎりでした。相応しい選出だと思います。
      カリーにも予想以上に1位票が入っていたので少し驚きました。

  • 36s

    エリートガード入門をここで読んだ時に凄いにプレーヤーになりそうと思ってました。(後だし)
    パート2をもうずっと待ってるので今からでもお願いします!!

    • そういえば…。パート2を掲載するとか言っときながら、すっかり忘れていました…。オフシーズンにでも取り掛かりたいと思います!

Back to Top ↑