News %e4%ba%8c%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bb%e3%83%9a%e3%82%b3%e3%83%93%e3%83%83%e3%83%81

Published on 9月 26th, 2016 | by Tunaパスタ

0

ニコラ・ペコビッチ、足首の怪我で来季全休

NBA2016-17シーズンの開幕が1ヵ月後に迫った現地9月25日、ミネソタ・ティンバーウルブズは、センターの二コラ・ペコビッチが怪我のために来季を全休することを発表した。

チームによると、今夏はワークアウトに励んでいたペコビッチだが、右足首の状態が悪化したため、離脱を余儀なくされたとのこと。来季以降については、また後日検討するとしている。

2010年にウルブズからNBAデビューしたペコビッチは、キャリア2シーズン目あたりから頭角を現し、ケビン・ラブとビッグマン・コンビで活躍。オフェンスリバウンドに強く、2013-14シーズンには平均17.5得点、8.7リバウンドを記録した。

しかし、それ以降は度重なる怪我に悩まされ、ここ2シーズンでは合計で51試合の出場にとどまっている。まだ30歳だが、もしかするとこのまま現役引退の可能性もあるかもしれない。

▼キャリアハイ34得点/14リバウンド

先日引退を表明したケビン・ガーネットも合わせ、これでベテランのビッグマンを2人失うこととなったウルブズだが、昨季新人王のカール・アンソニー・タウンズやゴーギー・ジェン、さらにFAでジョーダン・ヒルとコール・オルドリッチを獲得と、フロントコートの層はなかなかしっかりとしている。

Image by Keith Allison

ソース:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑