News スポーツ選手長者番付

Published on 5月 17th, 2013 | by Tunaパスタ

0

スポーツ選手長者番付でレブロンが2位、NBAからは3人がトップ10にランクイン

米スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド(Sports Illustrated)」が、毎年恒例の「スポーツ選手長者番付トップ50(The Fortunate 50)」を発表した。NBA勢からはトップ10に3人、トップ50では13人がランクインしている。

今年最も稼いだアスリートは、ボクサーのフロイド・メイウェザー・ジュニア。年収は9000万ドル(約92億円)のダントツ1位で、昨年に引き続き2年連続でトップに輝いた。

NBAからは、レブロン(2位)、コービー(4位)、デリック・ローズ(7位)の3人がトップ10入り。他には、NFLのドリュー・ ブリーズ(3位)やタイガー・ウッズ(5位)、MLBのアレックス・ロドリゲスなどが上位に食い込んだ。

SI アスリート長者番付2013

Sports Illustrated

NBA選手のランキング内訳は以下の通り:


2位:レブロン・ジェームズ(ヒート) – 5654万ドル(約58億)

レブロン・ジェームズ 長者番付

NBAで最も稼いだのはレブロン・ジェームズ。チームからの年棒は1754万ドルで、他のMAX契約選手に比べやや少ない(ジョー・ジョンソンやアマーレ・スタウダマイアー以下)が、Nikeやサムスンなどスポンサーからのエンドースメントが3900万ドル(約40億円)にのぼった。レブロンは広告出演料が世界一高いアスリートだ。ユニフォームの売り上げはNBAで2位。

団体スポーツ選手で長者番付トップ2位につけるのは、2004年のシャキール・オニール以来、9年ぶりとなる。


4位:コービー・ブライアント(レイカーズ)- 4685万ドル(約48億円)

コービー 長者番付

2012-13年度のチーム契約金は2785万ドルとNBAダントツ1位のコービー。ユニフォーム売上はNBAで4位。Nikeとの大口スポンサー契約の他、車メーカーの「Smart」やPCメーカーの「Lenovo」ともエンドースメントを結んでいる。

すでに34歳で引退がチラつき始めたコービーだが、来季の年棒は3045万ドル。このペースでいけば、NBA史上最も稼いだプレイヤーになる日もそう遠くない?


7位:デリック・ローズ(ブルズ)- 3340万ドル(約34億円)

デリック・ローズ 長者番付

今季全試合を欠場したにもかかわらず、ローズはアスリート長者番付7位。しかし決して給料泥棒というわけではない。ユニフォームの売り上げはNBA5位で、プレイしようがしまいが、ローズがいるだけでチームはかなり儲かっているはず。

ローズが上位にランクインした理由は、Adidasとの年間1000万ドルの契約が大きい。

※   ※   ※

11位:ドウェイン・ウェイド(ヒート)- 2868万ドル(約29億円)

12位:ケビン・デュラント(サンダー)- 2767万ドル(約28億円)

16位:カーメロ・アンソニー(ニックス)- 2530万ドル(約25億円)

・ユニフォーム売上げはNBAでナンバー・ワン!

24位:アマーレ・スタウダマイアー(ニックス)- 2345万ドル(約24億ドル)

・ニックスとの契約金はアンソニーよりも多い。払い過ぎ?

31位:ドワイト・ハワード(レイカーズ)- 2194万ドル(約22億4000万円)

33位:クリス・ポール(クリッパーズ)- 2158万ドル(約22億円)

35位:ダーク・ノビツキー(マーベリックス)- 2130万ドル(約21億7000万円)

・チーム契約金はNBA2位(2090万ドル)だが、他の上位選手に比べ広告出演料が少ない。

37位:パウ・ガソル(レイカーズ)- 2110万ドル(約21億5000万円)

43位:ジョー・ジョンソン(ネッツ)- 1995万ドル(約20億4000万円)

47位:クリス・ボッシュ(ヒート)- 1854万ドル(約19億円)

※   ※   ※

ヒートから3人、レイカーズから3人、ニックスから2人が長者番付にランクインした。改めて見てみると、この3チームのサラリーキャップが悲鳴をあげている様子がうかがえる。ヒート、ニックスは躍進しているからいいものの、レイカーズは…。

ソース:「Sports Illustrated

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑