News デリック・ローズ 復帰時期

Published on 2月 28th, 2015 | by Tunaパスタ

2

デリック・ローズ 4~6週間で復帰の見通し

シカゴ・ブルズのガー・フォーマンGMが現地27日、右膝を負傷したデリック・ローズの復帰時期について4~6週間後になるとの見通しを出した。

報道によると、27日にローズが受けた右膝半月板の損傷部分を切除する手術は無事成功。10分程度の比較的小規模な施術だったらしく、ローズは歩いて病院を後にしたという。

「ここ数年でローズが経験した怪我に比べれば、今回の手術は非常に程度が軽い」
– ガー・フォーマン

手術の日から6週間後となるのは4月10日。順調に回復すれば、プレイオフ開幕までに数試合に出場して体を慣らすことができる。ファンにとってはグッドニュースだ。

過去にローズと同様の怪我を負った選手をみてみると、サンダーのラッセル・ウェストブルックは合計3回の手術を受けており、3度目の手術の際は2ヵ月で完全復帰。その後は影響なくプレーを続けている。2012-13シーズンのロン・アーテストの場合は、手術からわずか12日で試合に復帰した。

今季のローズは58試合中46試合に出場し、平均18.4得点、5アシスト、FG成功率41%を記録。フォーマンGMは「今回の手術により怪我再発のリスクは除去されたはずだ」とコメントしている。

▼先日公開されたD.ローズのPOWERADEコマーシャル

Image by Joseph Glorioso Photography/Flickr

参考記事:「CBS Chicago

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 一番搾り

    いや~、かなりのスピード復帰で安心しました。
    過去3年間のこともあるし、今回は、早期の復帰プランを遂行すべきですね。
    やっぱり、ローズが居ないと、チームに勢いがないですから。
    しかし、ウェストブルックと比較するのは早急すぎです。
    あれの動きは、化け物じみてます(笑)

    • 怪我が比較的軽度で本当に良かったです。爆発力に欠けるブルズにとって、100%ではないにしろローズの存在は大きいですよね。

      確かにウェストブルックは化け物ですねw一昔前のレブロンを見ているかのようです。
      「ちょっと落ち着けよ」と思わず言いたくなるようなバッドプレーをしたかと思えば、その直後にありえないオフェンスリバウンドをもぎ取って埋め合わせするんですよね。誰にも止められないということを本人が1番理解しているかのようなプレーです。

Back to Top ↑