News カリー MVP

Published on 5月 5th, 2015 | by Tunaパスタ

17

ステファン・カリーが2014-15シーズンのMVP受賞

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステファン・カリーが現地4日、2014-15シーズンのMVPに正式に選出された。

アメリカとカナダのNBA記者129人とファン1人のMVP投票の結果、カリーは1位票数100票の1198ポイントを獲得。2位は936ポイントでロケッツのジェイムス・ハーデン、3位には552ポイントでキャブスのレブロン・ジェイムスが選ばれた。

pt 1位票数
S・カリー 1198 100
J・ハーデン 936 25
L・ジェイムズ 552 5
R・ウェストブルック 352
A・デイビス 203
C・ポール 124

今季のカリーは、レギュラーシーズン80試合に出場し、平均23.8得点、7.7アシスト、4.3リバウンド、2.0スティールを記録。ウォリアーズを球団史上最多の67勝に導いた他、286本のスリーを成功させ、NBAのシーズン3pt成功数記録を塗り替えた。ウォリアーズの選手がMVPを受賞するのは2度目で、1960年のウィルト・チェンバレン(フィラデルフィア・ウォリアーズ)以来となる。

▼ステファン・カリー、MVPシーズンハイライト

またカリーは、歴代MVPの中で平均出場時間が最も少ない(32.7分)。今季のウォリアーズがあまりにも圧倒的だったため、第4Qをベンチで過ごす機会が多かったのが、その主な理由だろう。実際にカリーは80試合中20試合で第4Qに出場していない。

「身長・身体能力が足りない、ディフェンスが下手、ポイントガードじゃない、動きが遅い、脆い…」、こんなことを言われ続けていた時期もあったが、そのすべてをハードワークで跳ね返し、ここまでたどり着いた。ステファン・カリーはNBAの最優秀選手だ。

Via @NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑