News スティーブ・ナッシュ 全休

Published on 10月 24th, 2014 | by Tunaパスタ

3

スティーブ・ナッシュ 2014-15シーズン全休へ

ロサンゼルス・レイカーズは現地23日、ポイントガードのスティーブ・ナッシュが腰の負傷により2014-15シーズンを全休することを正式に発表した。

先週に自宅で荷物を持った際に腰を痛め、その後のプレシーズンゲームを欠場していたナッシュ。レイカーズのメディカルスタッフと話し合った結果、今季は休養とリハビリに専念するのが最善だという結論に達したようだ。

ナッシュはシーズン全休の決断について:

「今シーズンはコートに立つことが最優先事項だったので、それができなくなったのは残念だ。健康状態を維持するため最善を尽くしてきたが、残念ながら最近の負傷により全力でプレーすることが難しくなった。休養期間中はチームをサポートし続けると共に、自身の長期的な健康回復に集中したいと思っている」

2012年にサンズからレイカーズにトレード移籍したナッシュは足や腰などの負傷に苦しめられ続け、2シーズンでの出場はわずか65試合に終わった。レイカーズとの契約は今季で終了となるが、今のところ引退については何も語っていない。

全盛期の頃はNBAのベストポイントガードと呼ばれていたナッシュ。キャリアを通して5度のアシスト王に輝き、2005年と2006年に2年連続でシーズンMVPを受賞した。さらに、リーグ史上わずか6選手しか達成していないシュート成功率「50-40-90」を4シーズンで記録している。

※「50-40-90」=シュート成功率のシーズン平均が「FG50%以上、スリーポイント40%以上、フリースロー90%以上」(それぞれの成功数で300-55-125本以上が条件)。50-40-90クラブと呼ばれており、トップクラスシューターの証でもある。これまでにこの記録を達成した選手は、ラリー・バード、マーク・プライス、レジー・ミラー、スティーブ・ナッシュ、ダーク・ノビツキー、ケビン・デュラントの6人。複数回記録したのはラリー・バード(2回)とスティーブ・ナッシュ(4回)のみだ。

将来の殿堂入りが確実視されているナッシュだが、もし今季限りで引退ということになれば、歴代MVP受賞者で唯一NBAファイナルに出場していない選手となる。

Thumbnail by Keith Allison/Flickr

参考記事:「YAHOO!Sports

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 龍 辰巳

    うーん、キッドよりは長く持つだろうと思っていましたが、結局実力的な衰え以前に怪我に勝てませんでしたか。
    レイカーズは一昨年の補強がまったく裏目に出た形になっちゃいましたね。

    • tunadrama

      12-13のレイカーズは本当に怪我が残念でした。開幕から2試合でナッシュがダウンして、次にガソル、最後はコービー…。シーズン中にコービー、ハワード、ナッシュ、ガソルの4人が同時にプレーできたのは82試合でわずか286分しかありませんでした。
      これではチームケミストリーを構築する時間すらありません。そしてハワードの移籍も、オールインしたレイカーズにしてみれば泣きっ面に蜂ですね。

      もしハワードが残留して、コービーが「これからのレイカーズはお前のチームだ」と席を譲っていれば、ずいぶんと状況は変わっていたと思います。

      個人的にナッシュはすごく思い入れが強いので、不完全燃焼でキャリアを終えてしまうのはとても残念です…。

      • 龍 辰巳

        はぁー……たった300分足らずですか。試合数にして数える程ということですよね。本当に考えうる限り最悪の方向に全て行ってしまった形ですね

Back to Top ↑