News プレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク 第15週 2016-17

Published on 2月 7th, 2017 | by Tunaパスタ

1

トーマスとカリーが2016-17第15週のプレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク

NBAが現地6日、2016-17シーズン第15週のプレーヤーズ・オブ・ザ・ウィーク(週間最優秀選手)を発表。ボストン・セルティックスのアイザイア・トーマスとゴールデンステイト・ウォリアーズのステファン・カリーがそれぞれのカンファレンスで選出された。

今季2度目の受賞となったトーマスは、1月30日から2月5日に行われた4試合でリーグ首位の37.8得点、6.8アシストを平均。特にクラッチタイムでの活躍が目覚ましく、第4Qの平均得点でリーグダントツ1位となる17.5得点をマークし、チームを週間4勝0敗に導いた。

現在セルティックスは連勝記録を7に更新し、イースト1位のキャブスから2.5ゲーム差、3位のラプターズから2ゲーム差の2位につけている。

▼キング・オブ・4th

同じく今季2回目の選出を果たしたカリーは、3試合でウェスト1位の34.3得点と3.0スティール、さらにウェスト2位の9.3アシストを平均。合計で39本中22本のスリーを沈めた(成功率56.4%)。ウォリアーズはその間に2勝1敗を記録している。

▼4日のキングス戦では敗北も35得点

第15週は他に、レブロン・ジェイムスが3試合で27.3得点、10.3アシスト、7.3リバウンドを平均。ウェスタンカンファレンスでは、ラッセル・ウェストブルックが33.8得点/10.5アシスト、ゴードン・ヘイワードが30.0得点/3P成功率50%で活躍した。

▼第15週Top10

Image by Keith Allison

参考記事:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ドンタコス

    セルティックスはこのまま2位で通過して欲しいですよね。
    去年のプレーオフを見てるとペイサーズと当たるのはあまりいいことではないですからね…
    ティーグもチームに噛み合い出して(現在進行形)、ジョージまで復活したらかなり怖いチームになりますし。
    その下になるとチーム力はガクッと下がりますし(ブルズはちょっと怖いけど)、セルティックスはウィザーズとのセミファイナル。キャブズとのファイナルをぜひ見たいので頑張って欲しい!

Back to Top ↑