News チームUSA リオ五輪

Published on 6月 28th, 2016 | by Tunaパスタ

4

チームUSAのリオ五輪代表12選手が決定

USAバスケットボールが現地27日、8月から開催のリオデジャネイロ・オリンピックに出場するアメリカ男子代表ロスター12名を正式に発表した。

  • 4番:ジミー・バトラー(ブルズ)
  • 5番:ケビン・デュラント(サンダー)
  • 6番:デアンドレ・ジョーダン(クリッパーズ)
  • 7番:カイル・ラウリー(ラプターズ)
  • 8番:ハリソン・バーンズ(ウォリアーズ)
  • 9番:デマー・デローザン(ラプターズ)
  • 10番:カイリー・アービング(キャブス)
  • 11番:クレイ・トンプソン(ウォリアーズ)
  • 12番:デマーカス・カズンズ(キングス)
  • 13番:ポール・ジョージ(ペイサーズ)
  • 14番:ドレイモンド・グリーン(ウォリアーズ)
  • 15番:カーメロ・アンソニー(ニックス)

ガード4選手、フォワード4選手、センター2選手で構成される2016チームUSA。ゴールデンステイト・ウォリアーズから3選手、トロント・ラプターズから2選手がそれぞれ出場する。

カーメロ・アンソニーにとっては、男子バスケットボール史上初となる4度目のオリンピック。レブロン・ジェイムスやラッセル・ウェストブルック、ステファン・カリーなど、多くのスタープレーヤーが辞退したこともあり、今年のロスターで五輪出場経験があるのはアンソニーとケビン・デュラントだけだが、戦力的には問題なさそうだ。カイリー・アービング、クレイ・トンプソン、デマーカス・カズンズ、デマー・デローザンの4選手は、2014年のFIBAワールドカップで金メダルを獲得している。

ヘッドコーチは今大会でアメリカ代表監督を引退するマイク・シャシェフスキー、アシスタントコーチは、ウルブズ新HCのトム・シボドー、サンダー・アシスタントHCのモンティ・ウィリアムズ、シラキュース大HCのジム・ボーヘイムの3名。チームUSAは、7月18日~21日にラスベガスで合宿、続いて5試合のエキシビションゲームを行った後、リオでオリンピック3連覇を目指す。

スタメンはアービング/クレイ/デュラント/カーメロ/カズンズになる?

ソース:「USAB

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ケンタブー

    決勝の両エースがいないのは寂しいところですが、さすがU.S.Aといった面々ですね。
    注目してるのはPG13です。私がNBAを久々に見よう、と思わせてくれた選手の1人なので!
    今回こそは怪我なく、思いっきりプレイしてほしいところです。
    それからバーンズ。復調、そしてもう一皮化けてもらいたいですね。若い選手がメキメキとステップアップするのは見てて楽しいですから。

    • PG13はプレーオフでも凄まじい活躍だったので楽しみですね。
      個人的にバーンズはサプライズでした。ファイナル中盤からは調子がガタ落ちでしたが、それを払拭して来季への自信に変えられるようなプレーができればいいですね。

  • masayann

    レブロン、ラス、ハーデン、カリー、CP3、レナード、リラードがいなくてもこのメンバーですか、、、

  • plusone ttwo

    トンプソン、デュラント、アービングがノリ出したらスリーが止まらないでしょうね。グリーンもいるし。ラウリーもいる。ケガだけはして欲しくないなぁ。

Back to Top ↑