News ビンス・カーター ホークス 再契約

Published on 9月 22nd, 2019 | by Tunaパスタ

0

ビンス・カーターがホークスと正式に契約

アトランタ・ホークスが現地20日、FAとなっていたビンス・カーターと再契約を結んだことを発表した。

https://twitter.com/ATLHawks/status/1175092261304057858

8月の時点でカーターとホークスの契約合意がすでに報じられていたが、今回ようやく正式に。契約内容は公表されていないが、恐らく1年のベテランミニマムだろう。カーター自身が3カ月ほど前にESPNのインタビューで「あと1年で終わり」、と今季がラストシーズンになることを明言していた。

1998年ドラフト全体5位指名でNBAデビューしたカーターは、これまでに合計7チームで21シーズンをプレイ。現時点でロバート・パリッシュ、ケビン・ウィリス、ケビン・ガーネット、ダーク・ノビツキーと並びリーグ史上最長キャリアの記録を持つ選手の一人だ。

もしカーターが何事もなく今季開幕戦に臨むことができれば、現役22シーズンで新記録樹立となる。

▼5選手が21シーズン

NBA 最長キャリア記録

カーターはデビューからの21シーズンで17.2得点、4.4リバウンド、3.2アシストを平均。レギュラーシーズンのキャリア通算出場試合数では現在5位(1481試合)となっており、もし今季のカーターが80試合以上に出場すれば、カリーム・アブドゥル・ジャバーの記録を追い抜いて歴代2位に浮上する。

▼通算試合数Top5

プレイヤー 試合数
1 ロバート・パリッシュ 1611
2 カリーム・アブドゥル・ジャバー 1560
3 ダーク・ノビツキー 1522
4 ジョン・ストックトン 1504
5 ビンス・カーター 1481

他にカーターは、通算スリー成功数で現在6位(2229本)。5位のジェイソン・テリーまであと53本に迫っている。昨季は123本を成功させているので、今季カーターが歴代トップ5入りする可能性は非常に高い。

▼ここ5年のカーター・ハイライト

今季のカーターはどのアリーナに行ってもトリビュートビデオやスタンディングオベーションで温かく迎えられるだろう。ファイナルシーズンもカーターらしいプレイを魅せてくれることを期待したい。

参考記事:「NBA

Tags:


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑