News ウェストブルック 契約延長

Published on 8月 4th, 2016 | by Tunaパスタ

8

ウェストブルック、OKCと3年の契約延長で合意

来年の夏にFAとなる予定だったラッセル・ウェストブルックが、オクラホマシティー・サンダーと契約延長で合意に達したようだ。

The Verticleの報道によると、契約の内容は3年/8570万ドルで、最終年がプレーヤーオプションになるとのこと。チームからの正式な発表はまだだが、現地4日にウェストブルックがオクラホマシティーに飛んで契約にサインする予定だという。

今オフではケビン・デュラントを失い、ウェストブルックに関しても、来季限りでの移籍もしくはシーズン中のトレードの可能性などが取り上げられていたが、これでサンダーは少なくとも2018年の夏までスーパースターをキープできることとなった。

昨季のウェストブルックは、80試合の出場で23.5得点、10.4アシスト、7.8リバウンドを平均し、キャリア初となるオールNBAファーストチームに選出。2年連続でのオールスターMVPに輝いた他、マジック・ジョンソンと並び過去50年で最多となる18回のトリプルダブルを獲得するなど、まさに記録的なシーズンを送った。

1シーズンを通して20得点/10アシスト/5リバウンド以上を平均した選手は、昨季のウェストブルックを含め、NBA史上でたった4人しかいない(オスカー・ロバートソン×5回、マジック・ジョンソン×3回、クリス・ポール)。

▼2015-16トップ10プレー

ESPNによれば、来季ウェストブルックのサラリーは、今回の新契約により、1780万ドルから2650万ドルに大幅アップする様子。平均年棒(2860万ドル)では、マイク・コンリー(3050万ドル)とジェイムス・ハーデン(2950万ドル)に次いでリーグ3位の高額契約となる。

Image by Erik Drost

参考記事:「ESPN

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑