News プレーヤーズ・オブ・ザ・マンス 2月 2015年

Published on 3月 5th, 2015 | by Tunaパスタ

5

ウェストブルックとレブロンが2015年2月の「プレーヤーズ・オブ・ザ・マンス」

NBAが現地4日、2月の月間最優秀選手(プレーヤーズ・オブ・ザ・マンス)を発表し、イーストからクリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムス、ウェストからオクラホマシティー・サンダーのラッセル・ウェストブルックがそれぞれ選ばれた。

レブロンは2月に出場した10試合で24.4得点(イースト1位)、7.3アシスト(イースト2位)、6.7リバウンドを記録。キャブスを月間8勝3敗に導き(レブロンが出場した試合では8勝2敗)、26日のゴールデンステイト・ウォリアーズでは自己シーズンハイの42得点を獲得している。

レブロンが月間最優秀選手に選出されるのは通算28回目で、自身が持つNBA最多受賞記録を再び更新することとなった。

▼プレーヤーズ・オブ・ザ・マンス受賞数歴代トップ5

プレーヤー 受賞
レブロン・ジェイムス 28回
コービー・ブライアント 17回
マイケル・ジョーダン 16回
シャキール・オニール 12回
ケビン・デュラント 11回

※「プレーヤーズ・オブ・ザ・マンス」賞が導入されたのは1979-80シーズンから。最初の20年はリーグ全体から1人のみが選出され、2001-02シーズンからカンファレンス別に授与されるようになった。ジョーダンが少ないのはそのため。

▼26日ウォリアーズ戦、シーズンハイ42得点

ウェストブルックは2月の12試合で31.2得点(リーグ1位)、10.3アシスト(リーグ2位)、9.1リバウンド(ガードでリーグ1位)、FG成功率45.7%を平均。半分以上の試合でケビン・デュラント不在だったサンダーを9勝3敗に導いた。1ヵ月を通してこれだけハイレベルなパフォーマンスをみせた選手は歴代でもほとんどいない。

10試合以上行われた暦月で平均31得点/10アシスト/9リバウンド以上を記録したプレーヤーは、過去にオスカー・ロバートソンのみ。6試合連続で20得点/10アシスト/5リバウンド以上は、1988-89シーズンのマイケル・ジョーダン以来の快挙だ。2月24日~27日には、2009年3月のレブロン以来初となる3試合連続トリプルダブルを達成した。

ウェストブルックがプレーヤーズ・オブ・ザ・マンスに選出されたのは今回が初めて。2月15日のオールスターゲームではMVPを受賞している。ウェストブルックにとって今年の2月はキャリアベストな1ヵ月となった。

▼22日ナゲッツ戦、3クォーターで21得点/17アシスト/8リバウン

また同日に2月のルーキー・オブ・ザ・マンスが発表され、イーストはボストン・セルティックスのマーカス・スマートが受賞。ウェストはミネソタ・ティンバーウルブズのアンドリュー・ウィギンスが4ヵ月連続で選出された。

ソース:「@NBA/Twitter

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑