プレイオフ キャブス ラプターズ 第1戦

Published on 5月 18th, 2016 | by Tunaパスタ

8

【CLE-TOR第1戦】キャブスが31点差でラプターズを破壊、プレーオフ9連勝

クリーブランド・キャバリアーズが現地17日、クイッケンローンズアリーナで行われたトロント・ラプターズとのイースタンカンファレンス・ファイナル第1戦に115-84で快勝。第1,2ラウンドで7ゲームシリーズを勝ち抜いたラプターズをホームで一蹴し、今季プレーオフの連勝記録を9に伸ばした。

この日の試合は、ラプターズが開始2分30秒で9-2の7点リードを奪う好スタートを切るも、キャブスはスリーポイントラインを重点的に守ろうとするラプターズのディフェンスに対してレーンを徹底的に攻撃し、高確率でフィールドゴールを量産。まもなく逆転に成功すると、第1Q終盤から第2Q序盤にかけては15-0のランを展開して14点リードを獲得し、一気にゲームの主導権を握る。

第2Q中盤には、レブロン・ジェイムスがベースラインドライブでデマーレ・キャロルを抜き去り、豪快なカウントワンスローのトマホークダンクを叩き込んだ。

▼ボールがめり込むほどに

ハーフタイム時のスコアは、キャブスがFG成功率66.7%から66得点で、ラプターズがFG44.4%から44得点。後半に入ってもキャブスの勢いは衰えることなく、第4Q開始直後に点差を30点に広げて、早々と勝負を決めた。

Q1 Q2 Q3 Q4
TOR 28 16 23 17 84
CLE 33 33 29 20 115

キャブスは、カイリー・アービングがゲームハイの27得点、5アシストをマーク。ポストシーズンに入ってからのアービングは、9試合で平均24.7得点、5.4アシスト、1.7ターンオーバー、FG成功率49.4%、3P成功率52.7%と最高に調子がいい。他には、レブロンが13本中11本のフィールドゴール成功で24得点、ケビン・ラブが14得点を記録した。

31点差での勝利は、キャブスにとって球団プレーオフ史上最高記録となる。

▼アービング

敗れたラプターズは、デマー・デローザンがチームハイの18得点、ビスマック・ビヨンボが12得点を獲得。セミファイナル第7戦で35得点の大活躍をみせたカイル・ラウリーは、FG成功率28.6%の8得点と不調で、チーム全体ではリバウンド数23-45でキャブスにインサイドを圧倒された。このままヨナス・バランチュナスの離脱が続けば、かなり厳しい。

キャブスとラプターズのシリーズ第2戦は、現地19日にクリーブランドで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑