プレイオフ キャブス ウォリアーズ 第3戦

Published on 6月 11th, 2015 | by Tunaパスタ

17

【ファイナル第3戦】キャブスがウォリアーズの猛反撃を抑え勝利、レブロン&デリーで60得点の活躍

現地9日に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対クリーブランド・キャバリアーズのファイナル第3戦は、レブロン・ジェイムスが再び40得点の大活躍でチームを牽引。終盤のウォリアーズのカムバックを逃げ切ったキャブスが96対91で勝利し、シリーズを2勝1敗とした。

第2戦と同様、この日も序盤から試合をスローペースに引きずり込んで主導権を握ったキャブス。ウォリアーズは、アンドレ・イグドーラが攻守で奮闘して何とか食い下がるも、ステファン・カリーやドレイモンド・グリーン、アンドリュー・ボーガットらの調子がまったく上がらず、前半の得点をシーズンワーストタイとなる37点に抑えられてしまう。

第3Qに入ると、カリーのシュートが徐々に決まり始めたが、ウォリアーズのオフェンスリズムは一向に回復せず。反対にキャブスは、レブロンとマシュー・デラベドバが次々とフィールドゴールを決めて、24-9のランを展開。第3Q終盤までにリードを20点に拡大した。

▼レブロンとデリーの3Qオフェンス

このままキャブスの圧勝に終わると思われたが、17点ビハインドで迎えた第4Qからウォリアーズが怒涛の猛反撃を開始。イグドーラやデイビッド・リーの活躍でチームが勢いに乗ると、カリーにもようやく火が付き、第4Q残り2分45秒でついに1点差にまで迫る。

最大20点のリードを約12分で帳消しにされ、メルトダウン・モード全開だったキャブス。この危機的状況でステップアップし、流れを大きく変えたのは、デラベドバだった。

キャブスは、このプレーで4点差にすると、続くポゼッションでレブロンがスリーを沈め、リードを再び3ゴール差に拡大。その後、カリーの連続スリーでまた追い上げを食らうも、ハッスルプレーとフリースローで何とか乗り切り、球団史上初となるホームでのファイナル白星を手にした。

Q1 Q2 Q3 Q4
GSW 20 17 18 36 91
CLE 24 20 28 24 96

キャブスは、レブロンが再び大暴れで、40得点、12リバウンド、8アシスト、4スティールを記録。クラッチタイムには足をつりそうになる場面もあったが、ラスト1分ではウォリアーズのインバウンドパスをスティールしたり、6本のフリースローを完璧に沈めたりと、最後までチームを背負い、勝利に導いた。

今季ファイナルのレブロンは41得点、12リバウンド、8.3アシストを平均中。最初の3試合で合計123得点は、ファイナル史上最多記録だという。

デラベドバ、再びヒーローに

この日のデラベドバは、38分の出場でプレーオフキャリアハイの20得点、5リバウンド、4アシストをマーク。体を張ったディフェンスにボールダイブ、スポットアップのキャッチ&シュート、勝負所でのファインプレーなど、ロールプレーヤーとしての仕事をほぼ完璧にこなし、勝利に大貢献した。

試合後、デラベドバは重度の筋けいれんにより病院で点滴を受けたそうだ。

キャブスのディフェンス

第3戦でのキャブスは、最初の3クォーターでウォリアーズを55点に抑える好ディフェンスを展開した。プライオリティーは、できる限りカリーにボールを持たせないこと。

ピック&ロールを守る際は、スイッチせずにスクリーナーを放置して、ダブルチームでカリーをサイドラインに追いやり、ボールを手放させる。

ここでスクリーナー(主にドレイモンド・グリーン)がエルボーや3Pラインあたりでノーマークの状態になるのだが、思うようにミドル~ロングのジャンプショットを決められない。グリーンは、ドライブを仕掛けてもティモフェイ・モズコフに阻止される一方、プレーメイキングでも苦戦し、ペイントエリアでの2 on 1のチャンスをなかなか得点に変えられなかった。

またオフボールでは、デラベドバやイマン・シャンパートがカリーに張り付いて、オープンショットを徹底的に阻止。ファイナル第2,3戦では、カリーがスクリーンを抜けてキャッチ&シュートからスリーを沈める場面をほとんど見ていない気がする。

それでもカリーは凄かった

第2戦に引き続き、1Q~3QをFG成功率36%の10得点に抑えられたカリーだが、第4Qに入ってからMVPの姿を取り戻し大爆発。試合ラスト8分だけで、5本のスリーを含む6本のシュートを成功させ、17得点を獲得している。とくに残り時間3分からは、難易度マックスのタフショットを気持ち悪いほど決めてきた。

最終的にカリーは、7本のスリーポイント成功で27得点を記録した。

ウォリアーズは他に、イグドーラが15得点、クレイ・トンプソンが14得点をそれぞれマーク。この日がファイナル初出場となったリーは、11分のプレータイムでFG成功数4本中4本の11得点、4リバウンドを獲得している。

その一方で、グリーンとボーガットのビッグマンコンビは合計でわずか11得点に終わった。

Image via YouTube/NBA

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • masasasann

    CLEのディフェンスが予想以上に凄まじかったですね…
    カリーにボールを渡さない+ボールが回ったらダブルチームで潰しにかかるっていうチームディフェンスが徹底されていて、4Qに一点差まで迫りましたがGame3はCLEの圧倒的な勝利だったなぁと個人的には感じています。

    これからGSWがあのディフェンスにどう対処するのか。カリーがもっとゲームメイクしないとこれからに試合厳しそうですね…

    対照的にレブロンの「ファイナルってこう戦うんだよ?」と言ってるかのようなゲームメイクは素晴らしかったですね。GSWファンですが圧倒的な経験値差を感じました。

    • キャブスは一か八かのディフェンスが、今のところ吉と出ていますね。スプラッシュブラザーズにはフェイスガードで徹底的に張り付いて、グリーンやイグドーラを完全放置にするような場面が何度もありました。

      ウォリアーズにとって理想的なのは、グリーンやバーンズの外が復活することですが、どうも自信を失ってしまっているように感じます。カリーがダブルを引きつけてパスを出しても、ノーマークなのにシュートを打とうとせず、ボールをスイングして振出しに戻る、みたいなパターンが続いていました。
      個人的には、もう少しカリーがセルフィッシュでもいいかな、とも思いますね。ノーマークのチームメイトにボールを回すのはもちろん正しい決断ですが、それがほとんど機能していないので、それならダブルチームをスプリットして少々強引に攻めるくらいがいいのかなと。

      もしくはピック&ロールを使わずに、カリーに1 on 1で攻めさせるポゼッションを増やすのもありかもしれません。
      ただそうすると、ウォリアーズのバスケじゃなくなってしまうんですよね。どうしたものか…。

  • CAVS! GOGO!

    シーズン前半のディフェンスからは考えられない激しさがありますね
    だけど、4Qの頭にデラベドバを出していながらもカリーに
    付けなかった理由が分かりません
    デリーの健康状態は不安ですがあと、ちょっとなので頑張って欲しいです^_^
    あと、キングレブロンは化け物ですか^_^

    • 確かにシーズン前半はディフェンスがガタガタでしたからね。冬のトレードから少しマシになりましたが、それでもようやく平均といったところでした。そんなキャブスが、ファイナル3試合のレギュレーションでウォリアーズを毎回100点以下に抑えることになるとは…。
      いよいよ後半戦に突入ですが、キャブスは疲労面が少し心配ですかね。レブロンもいつまでこの調子を維持できるか。

  • たむら

    アーヴィングが抜けてファイナル終わったかと思いましたが、むしろキャブスのディフェンスが引き締まっていい方に作用しましたね~

    レブロンのオフェンスの負担は半端なさそうですが、去年のファイナルもこれぐらい頑張れば優勝できたかもですねw

    レブロンが進化したのか、モチベーションの違いなのかは定かではありませんがw

    • 正直、アービングが消えた時点で、キャブスが2-1でリードすることになるとは思いませんでした。今のところ、ブラットHCのディフェンス戦略が見事にはまってますね。

      昨季のレブロンは、あれ以上にやりようがなかったと思いますよ。なにしろマイ・スパーズが強すぎました笑

    • 36s

      キャブスのディフェンスが引き締まりましたよね。
      デラがカリーだけでなく、他の選手のポストプレイも止めてるのがいいんでしょう。
      去年はレブロンのマッチアップがDOYですからね。毎試合40点は流石に難しいでしょう!!

  • Mason P

    ところで察するにデリーはゲン担ぎなのかプレイオフに入ってから髭をグルーミングせずに伸ばし続けているようなのですが、第7戦まで行ったらハーデン化してしまうのではないかと興味津々です

    • 確かにデリーは、日に日にオーストラリアチックなワイルドさが増していますね。私は髭がかなり薄い方なので、ちょっとうらやましいです。

  • AI

    ホームチームが勝った。それが全てな気がする。
    本当にファウルギリギリのプレイばかりで審判には同情する。

    キャブスの素晴らしい勝利だったけれど、この先2連勝しないと優勝は難しいと思う。
    どう考えてもプレータイムがおかしい。
    ファイナルなのだからそういう戦い方なのだろうけど

    私にはただHCがベンチメンバーを出す勇気がないように見えて仕方がない。

    • 確かにファウル判定が難しいシリーズですね。キャブスのウィングは相手のユニフォームをつかみまくっていますし、ウォリアーズのイリーガルスクリーンも酷いです。
      特に第3戦のクラッチタイムなど、デイビット・リーはシャンパートへのスクリーンでがっちり太ももを掴んでましたし、レブロンもカリーにスライディングタックルを仕掛けていましたが、両方ともノーコールでした。

      キャブスはシリーズ終盤のスタミナ面が心配ですね。ローテーションがクリッパーズレベルになってまいす。ただ、現時点でスターターの半分がベンチみたいなものなので、仕方がないのかもしれません。
      ミラーやジョーンズに出場時間を与えるのは限界がありますし、このタイミングでのパーキンスやマリオンの起用も厳しそうです。

  • 36s

    レブロン、デラも十分凄かったですけど、勝因はリバウンドおよびペイント内のディフェンスですね。
    カリーの不調が話題にあがっていますが、それも問題ですけどGSWのセンター陣が機能してないんですよねー。ただのスクリーナーになってちゃ駄目でしょ。

    • キャブスの第3Qのディフェンスは凄かったですね。今季NBAで最高レベルだったと思います。
      ペリメーターのDだけでなく、どの選手を放置するべきか完全に心得ていたというか。特にレブロンは、イグドーラやリビングストンをマークしている時など、ゴール下から出てきませんでした。

      ウォリアーズは、カリーとトンプソン以外のスタメンがいまひとつ活躍できていないですね。特にグリーンはメンタル的にもやられている印象です。第3戦でも、この状況でオープンスリーを打たず、ドライブで突っ込んでいったのには驚きました笑
      http://i.imgur.com/JQGo6y2.png

      レギュラーシーズンだったら、迷わずシュートしていたと思います。そして他のチームなら、グリーンがこれだけノーマークになれば慌ててクローズアウトに走るはずですが、キャブスは誰もカバーに行かないんですよね。本当に徹底しています。というか、舐められすぎですね。

      • 36s

        こーいうのは一回迷うともう駄目なんですよね。
        HCからアドバイスはでてると思うので次戦以降は期待です!!

  • アン

    デイビット・リーのピックアンドロール
    現状のGSWが勝機を見出せる数少ない手段ではないでしょうか。
    単純にドレイモンドやボーガットがあまりリムにロールしなかったこともあるかもしれませんが、後半のリーのピックアンドロールはかなり効果的に働いてボールが回っていたと思います。
    カリートンプソンの外が復活して、あとはバーンズグリーンがステップアップしなければ次の試合、シリーズを間違いなく取られますね。。。

    あともうレブロンにダブルチーム、ヘルプいく必要ないと思うんですよね笑 あんまり意味がないような。。
    GAME1ってそんな感じでレブロンに好きにやられたけど周りを封じて勝利した気がするんですよね~笑

    • 確かに後半のリーは良かったですね。やはりスクリーンからのスリップのタイミングや、エルボーでのプレーメイキングがグリーンよりも上手いのでしょうか。カリーとリーのピック&ロールで、ようやくキャブスのディフェンスプランを変更させ、スイッチさせられるようになった印象があります。

      ただリーに多くの出場時間を与えるのは、ディフェンス面で不安な気も。結局のところ、トニー・アレン状態に陥っているグリーンが、ストレッチ4として復活しないと苦しそうです。

      レブロンのカバーはどうなりますかね。さすがに毎試合40点を取られるのは厳しいです。とりあえず、バーンズがレブロンに付くのはもう限界かもしれません。始めからグリーンをぶつけるか、それともイグダーラをスタメン起用、もしくは第1Qの序盤から投入するか…。

      カーHCがどんな作戦で第4戦に臨むのか楽しみです!

  • デリーは完全に波に乗ってますね。あのタイミングでのサーカスショットは、これ以上ないラリーストッパーでした。

    カリーも終盤はさすがでした。このリズムを次の試合まで持ち込めればいいんですが。ただ、ラスト数分でのターンオーバー連発が少し残念でしたね。

    第4戦はウォリアーズにとって絶対に負けられないゲームなので、すごく期待しています。首、気をつけてくださいね

Back to Top ↑