プレイオフ ホークス キャブス 第3戦

Published on 5月 25th, 2015 | by Tunaパスタ

14

【ECF第3戦】レブロンのトリプルダブルでキャブスがOT戦に勝利、ファイナルまであと1つ

クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムズが、現地24日に行われたアトランタ・ホークスとのイースタンカンファレンスファイナル第3戦で、37得点、18リバウンド、13アシストのトリプルダブルを獲得。キャブスはオーバータイムでホークスを破り、ファイナル進出まであと1勝に迫った。

この日のレブロンは立ち上がりが非常に悪く、試合開始から10本連続でフィールドゴールに失敗。第2Q序盤まで無得点のスロースタートだったが、フリースローで最初の得点を決めると徐々にエンジンがかかり、同時にキャブスのオフェンスもリズムに乗り始めた。

前半終了直前には、絶好調だったホークスのアル・ホーフォードが、ルーズボール争いでマシュー・デラベドバにエルボードロップを食らわせ、フレイグラントファウル2で退場してしまう。

▼ハーフタイムショーはアクロバティック・チワワ

後半に入ってからは、レブロンがさらにギアを上げ、22得点、9リバウンド、7アシストを叩き出す大活躍をみせるも、ホークスが第4Q序盤から猛反撃を展開して逆転。キャブスは残り時間1分で1点ビハインドという大ピンチに陥ったが、トリスタン・トンプソンが最後に攻守でファインプレーを決め、試合をオーバータイムに持ち込んだ。

▼4 on 5の状況でトンプソンがクラッチブロック!!

 

レブロンはOT開始早々に捻挫した様子で、足を引きずる姿を見せていたが、ベンチに下がらずそのままプレーを続行。動きにキレがなくなり、シュートミスやターンオーバーを重ねてしまうが、キャブスの1点ビハインドで迎えた残り36秒では、左コーナーから逆転のスリーポイントに成功。さらに次のポゼッションでもドライブからバンクショットを沈め、執念でチームを勝利に導いた。

Q1 Q2 Q3 Q4 OT
ATL 24 25 27 28 7 111
CLE 21 27 33 23 10 114

▼レブロン・ジェイムス、トリプルダブル

キャブズは、レブロンのトリプルダブルの他、イマン・シャンパートとデラベドバのバックコートコンビが17本中8本のスリーを成功させ、合計で32得点をマーク。J.R.・スミスは17得点、10リバウンドのダブルダブルで貢献した。

5ファウルに陥りながらも正念場でクラッチープレーをみせたトンプソンは、FG成功率71.4%で10得点、7リバウンドを記録している。

敗れたホークスは、右足首を負傷したカイル・コーバー不在の中、最後の最後まで大健闘した。ジェフ・ティーグは30得点、7アシスト、6リバウンド、0ターンオーバー、ポール・ミルサップは22得点、9リバウンドと、2人とも今シリーズいちのパフォーマンスを披露。前半だけで14得点を獲得していたホーフォードの退場が実におしい。

これでシリーズはキャブスが3勝0敗、ホームコートでファイナル進出を決めるチャンスを手に入れた。第4戦は現地26日に行われる。

Image via YouTube/NBA

ボックススコア:「NBA/Stats

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑