プレイオフ ウォリアーズ ロケッツ 第1戦

Published on 4月 18th, 2016 | by Tunaパスタ

5

【GSW-HOU第1戦】ウォリアーズが26点差でロケッツを撃破、カリーは24得点も足首負傷

ゴールデンステイト・ウォリアーズが現地17日、オラクルアリーナで行われたヒューストン・ロケッツとのウェスタンカンファレンス第1ラウンド第1戦に104-78で圧勝。レギュラーシーズン73勝を達成した勢いのまま、プレーオフ初戦で昨季カンファレンスファイナルの対戦相手を26点差で撃破し、シリーズを1勝0敗とした。

この日のウォリアーズは、序盤から攻守でロケッツを完全に圧倒。ステファン・カリーの第1Q16得点/6リバウンドを筆頭に、最初のピリオドを33-15で上回ると、ハーフタイムにはリードを27点に拡大し、その後も大部分で20点差を維持して余裕の勝利を収めた。

▼カリー、24得点

Q1 Q2 Q3 Q4
HOU 15 18 27 18 78
GSW 33 27 22 22 104

ウォリアーズは、カリーがわずか20分の出場で5本のスリーを沈め、チームハイの24得点を獲得。クレイ・トンプソン(16得点)はFG14本中4本成功とシューティングが不調気味だったものの、ディフェンス面で活躍して、ジェイムス・ハーデンをFG成功率36.8%の17得点、6ターンオーバー、フリースロー0本に抑えるのに貢献した。ハーデンが1試合でフリースローアテンプト数0本に終わったのは、2015年1月2日のペリカンズ戦以来初となる。

「(ハーデンに対して)ジャンプしてはだめだ。さもないと体をぶつけられ、フリースリーラインに立たせることになる」
– クレイ・トンプソン

さらにオフェンス面でもウォリアーズは、オフ・ボールの守備がやや苦手なハーデンをチームプレーで攻撃。カリーがスクリーナーとなってスイッチを起こさせ、ローテーションやヘルプディフェンスで混乱するハーデンの隙をついて得点をあげるシーンが連続で見られた。

▼例1(via @EricApricot

▼例2

ロケッツはハーデンの17得点の他、ドワイト・ハワードが14得点/11リバウンドのダブルダブルをマーク。二桁得点をマークしたのはこの2人のみで、チーム合計で24ターンオーバーとミスが目立った。

この日の試合は、プレーオフらしく序盤からフィジカルにヒートアップし、カリーとパトリック・ビバリーが一瞬揉み合いになる場面も:

カリーは試合後、「ビバリーはダーティープレーヤーだと思うか?」という記者からの質問に対して、「ノー」と答えている。

「彼はアグレッシブなプレーヤーだ。ハードにプレーしている。彼流のやり方で相手を苛立たせようとするが、それをダーティーだとは少しも思わない」
– ステファン・カリー

なおカリーはこの試合で第2Q残り2分に右足首を捻挫。その後、一時試合に戻ったものの、第3Q開始から3分で再びチェックアウトした。カリー自身は怪我について、「僕が離脱するというシナリオは考えられない」とコメントしたが、スティーブ・カーHCは第2戦への出場について「不確か」としている。

「この先2日でカリーがどんな状態か様子を見て、それから検討する」
– スティーブ・カー

ウォリアーズとロケッツの第2戦は、現地18日にオラクルアリーナで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • PANTA

    カリーの捻挫が心配です。重くないといいですけど
    とりあえずロケッツ相手にはトンプソンが活躍してくれるはず
    レギュラーシーズンもカリー抜きで一勝してますし…大丈夫なはず
    早いうちに復帰してもらいたいですね。

    • 少し嫌なスタートになりましたね。すぐに復帰できるとは思いますが。最悪、第1ラウンドはカリー抜きでも十分に勝てると思いますが、ロケッツは昨季のクリッパーズシリーズのように勢いに乗ると怖いチームなので、油断はできないですね。

  • masayann

    やはりロケッツ戦はクレイやイグドラがハーデンをどこまで抑えられるかが重要な気がしますね。ドレイモンドグリーンでは少しミスマッチな気がするんですがどうでしょうか?そしてこの試合でスプラッシュブラザーズの合計得点は40点という、、、カリーの出場時間が極端に短いのにこれは異常ですねwwカリーのケガが心配ですが、、、そしてハーデンのディフェンスの雑さには吹きましたw

    • ハーデンのガードは、イグダーラが最も適任かもですね。ドレイモンドはなるべくリムの近くにいて欲しいですし、クレイはポンプフェイクに食いついてジャンプしてしまう癖が少しあるので。第1戦では上手く抑えられていましたが…。

  • spi

    ラフな始まりでしたね。
    ロケッツ相手ならカリーなしで行ける気もします・・

Back to Top ↑