プレイオフ ホークス セルティックス 第6戦

Published on 4月 29th, 2016 | by Tunaパスタ

2

ホークスが第6戦でセルティックスを撃破、ECセミファイナル進出

アトランタ・ホークスが現地28日、TDガーデンで行われたボストン・セルティックスとのプレーオフ第1ラウンド第6戦に104-92で快勝。シリーズを4勝2敗とし、2年連続でのイースタンカンファレンス・セミファイナル進出を確定させた。ホークスがプレーオフシリーズでセルティックスを破るのは、通算12回の対決で2度目、1958年のNBAファイナル以来初となる。

この日の試合は、41-33の8点差で迎えた後半からホークスのオフェンスが爆発。73.7%の高確率でフィールドゴールを成功させ、第3Qを39-26で上回ると、第4Qは開始2分で9-2のランを展開して、リードを28点に拡大する。

そこからセルティックスが25-7のランで猛反撃し、残り時間1分40秒で10点差まで追い上げるも、その直後にホークスはフルコートプレスの隙をついてポール・ミルサップがカウント・ワンスローのレイアップを決め、そのまま逃げ切った。

▼ホークスは合計12ブロック!

Q1 Q2 Q3 Q4
ATL 20 21 39 24 104
BOS 17 16 26 33 92

ホークスは、ミルサップがチームハイの17得点、8リバウンド、4ブロックをマークして攻守で活躍。アル・ホーフォードとケント・ベイズモアがそれぞれ15得点、カイル・コーバーが4本中4本のフィールドゴールを沈めて14得点/9リバウンドをあげてる。チーム全体では合計12ブロックを記録し、最初の3クォーターでセルティックスをFG成功率32.4%(68本中22本)、3P成功率16.7%(24本中4本)の59点に抑える好守備で、早々と勝負を決めた。

▼ホーフォード

一方のセルティックスは、アイザイア・トーマスが25得点、10アシストのダブルダブルを記録した他、ジェイ・クラウダーが15得点、マーカス・スマートとヨナス・イェレブコがそれぞれ13得点をマーク。ホームでの惨敗という形でシーズンを終えることとなったが、試合終了直前には会場から大きな拍手と共に「レッツゴー・セルティックス!!」コールが送られた。

ホークスは、カンファレンスセミファイナルで昨季イースト王者のクリーブランド・キャバリアーズと対戦。第1戦は現地5月2日にキャブス本拠地のクイッケン・ローンズ・アリーナで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 龍 辰巳

    お久しぶりです。
    セルティックス、昨季に引き続いて今季も良いシーズンでしたね。ロスターを見ても、超一流と呼べる存在は1人もいないのに、ウォリアーズを破ったのを始めプレイオフ進出、さらにイーストではキャブスとラプターズに次ぐコンテンダーと目されるホークスと競り合ってシーズンを終えたわけですから、ファンも悪い気分ではないでしょうね。
    ホークスは怪我を除けば、昨季プレイオフでコーバーの出来がガクッと悪くなったのが大きいと思うので、彼がここから先どこまでレギュラーシーズン最高のシューターの1人として実力を発揮できるか見所ですね。

    • お久しぶりです!
      セルティックスは毎年着実に前進していますね。ピアース/KG/リバースチームの解体からブラッド・スティーブンスHCがテイクオーバーして再建にもう少し時間がかかると思っていましたが、わずか3年でプレーオフで戦えるチームになりました。今年のシリーズも、ブラッドリーの怪我さえなければもっと先に進めていたかもしれません。
      昨季にトーマスをトレード獲得したのは英断でしたね。しかも今夏はネッツからのドラフトピックを含め合計3つの1巡目指名権を持っているので、それを新人獲得に使うか、もしくはスター選手獲得のためにトレードで使うかなど、さらにロスターを強化できそうです。

      キャブス対ホークスのセミファイナルはすごく楽しみにしています。今季のホークスはディフェンスが素晴らしいので、昨季のようにスイープで終わることはないかなと。コーバーも頑張って、シリーズを面白くしてほしいです。

Back to Top ↑