プレイオフ ウォリアーズ キャブス 第6戦

Published on 6月 18th, 2016 | by Tunaパスタ

16

【ファイナル第6戦】レブロンが2試合連続の41得点、シリーズ決着は第7戦へ

現地16日にクイッケンローンズアリーナで行われた2016NBAファイナル第6戦は、レブロン・ジェイムスが第5戦に続き40点を超えるモンスターパフォーマンスでチームを牽引。キャブスが115-101で快勝し、シリーズを3勝3敗のイーブンに戻した。

ESPNによると、ファイナルの試合で40得点/10アシスト以上のダブルダブルを記録した選手は歴代で2人のみ。一人はレブロンで(2016ファイナル第6戦、2015年ファイナル第5戦の2度)、もう一人はNBAのロゴになっている人だ。

▼ジェリー・ウェストとレブロン

この日の試合は、シリーズ第3戦と同じく、キャブスが序盤から攻守でウォリアーズを圧倒した。

アンドリュー・ボーガットが膝の怪我で欠場したため、ドレイモンド・グリーンがセンターのスモールラインアップで第6戦に臨んだウォリアーズ。昨季ファイナルでは必勝の先発ラインアップだったが、この日はティップオフからターンオーバーやシュートミスを連発するなど上手く機能せず、さらにステファン・カリーが開始6分でファウルトラブルによりベンチに下がるという最悪のスタートを切り、第1QをFG成功率22.7%の11得点に抑えられる。Basketball Referenceのデータによれば、第1ピリオド11得点は、歴代ファイナルにおける最低の記録だ。

対するキャブスは、ピック&ロールでミスマッチ、特に序盤はカリーを徹底的に攻めながら、高確率でフィールドゴールを成功させ、第1Qを31-11の20点差でアウトスコア。続く第2Qでは、オフェンスのリズムが改善したウォリアーズに一時8点差にまで巻き返されるも、そこから13-5のランですぐに勢いを取り戻し、59-43の16点リードを奪って前半を終えた。

▼さすがのコートビジョン

キャブスは前半だけでレブロンとカイリー・アービングが合計34得点を記録した他、トリスタン・トンプソンがハーフタイムの時点ですでにダブルダブルをマーク。ベンチ出場のダンテイ・ジョーンズも久々に貢献し、前半ラスト1分間で今季プレーオフ自己ベストとなる5得点をあげた。

後半は、キャブスが11-3のランでスタートし、第3Q残り8分でリードをこの日最大の24点に拡大。この時点で勝負ありと思われたが、ウォリアーズはピリオド終盤からクレイ・トンプソンの連続得点で猛反撃し、第3Q終了時で9点差まで追い上げる。

▼クレイ・トンプソン、第3Q15得点

何とか流れを変えようとするウォリアーズに対して、第4Qのキャブスは、レブロンがオフェンスをテイクオーバー。ウォリアーズが差を詰めようとするたびに、レブロンは自らのフィールドゴール、もしくはプレーメイキングで完全にゲームを支配し、キャブスが二桁台の点差を維持すると、残り時間4分からは4ポゼッション連続で得点をあげて勝負を決めた。

▼心をへし折るブロックでとどめ

Q1 Q2 Q3 Q4
GSW 11 32 28 30 101
CLE 31 28 21 35 115

キャブスは、レブロンが41得点、11アシスト、8リバウンド、4スティール、3ブロックをマーク。第3Q残り5分30秒から第4Q残り5分30秒の12分間にかけては、チーム得点23点中20点を1人で獲得した。ファイナルで2試合連続40得点超えを記録したのは、2000年のシャキール・オニール以来初となる。

▼レブロン、41得点

他には、カイリー・アービングが23得点、トリスタン・トンプソンがFG成功率100%で15得点、16リバウンドのダブルダブルを記録している。

カリーは退場

この日のカリーは、スリー13本中6本成功の30得点と、オフェンスは悪くなかったものの、序盤から不注意なファウルが多く、第4Q残り4分22秒に6つ目のファウルをコールされ退場。よほど判定に納得がいかなかったのか、マウスガードを投げつけ、審判に食って掛かり、その結果、追加でテクニカルファウルを取られている。

この行為により、カリーには何らかの処分が与えられる可能性が高い(恐らく罰金)。過去の例では、2006年プレーオフ第1ラウンドで、マイアミ・ヒートのユドニスハスレムがマウスピースを審判に投げつけたことにより、1試合の出場停止処分を受けたが、今回のカリーの場合は、たまたまコートサイドのファンに当たってしまったという感じなので、それほど厳しい処分にはならないはずだとされている。

「以前にもマウスピースを投げてしまったことはある。通常はスコアラーズ・テーブルをめがけて投げるんだけどね。狙いが外れてしまった。ファンに向かって投げつけるつもりは一切なかったよ」
– ステファン・カリー

なおカリーは、第6戦で今季ファイナルの通算スリー成功数が28本に到達。2013年にスパーズのダニー・グリーンが記録した27本を追い抜き、歴代ファイナルの3P新記録を打ち立てた。

ウォリアーズは他に、クレイ・トンプソンが25得点、リアンドロ・バルボサが14得点をそれぞれマーク。二桁得点を獲得できたのは3選手のみで、ドレイモンド・グリーンは8得点/10リバウンド/6アシスト、ハリソン・バーンズは無得点に終わっている。

特にバーンズは、第5戦からスランプが続いており、この日も序盤はオープンショットを打てていたものの、すべて失敗。それがメンタルに影響したのか、途中からはノーマークでボールを受けた時でもショットを躊躇するようなシーンが何度か見られ、さらにリズムが悪くなってしまった印象だ。

▼第6戦ハイライト

ウォリアーズのホーム2連勝という形でシリーズがスタートし、早期の決着を予想する声もたくさんあった今年のファイナルだが、NBAファイナル史上19回目となる第7戦に突入することとなった。最終戦はウォリアーズ本拠地での試合だが、ボーガットの離脱やバーンズのスランプ、さらにイグダーラも背中の不調を訴えており、ここ2試合のキャブスの勢いも考えると、もはやウォリアーズが本命とは言えないかもしれない。第7戦は、現地19日にオラクルアリーナで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ゆうき

    まさか最終戦までもつれるとは(゜ロ゜;ノ)ノ
    レブロン恐るべし!これだからバスケは面白いですね!!最終戦は接戦を期待しております(*≧∀≦*)ところでバーンズの契約ってこのままだとどうなるんですかね?いい選手なんですけど大金を払う価値がGSWにあるのかな…

    • ファイナル開幕前は第7戦に突入するとは予想できませんでした。NBAファンとして純粋に嬉しいです!
      どんな結果になろうとも、バーンズは高額契約を獲得すると思いますよ。まだまだ成長の余地はありますし、バーンズのサイズとシュートレンジはウォリアーズのシステムにとって欠かせない要素です。代役を務められる人材もなかなかいませんしね。

  • お茶

    ファイナルとしては面白くなりました!色々物議がありそうですが笑
    レブロンは速攻で大外に出したバウンズパスもえげつなかったです。まさにパーフェクトプレイヤー、ワンシリーズで二度の40点超えはシャック以来とか
    カイリーも前戦がまぐれではないと証明しました
    ウォリアーズ崖っぷちですね、試合の入りかたを過ったとはいえ、スプラッシュが不調というより抑えられている感じです
    バーンズのスリーがこないとイグドラの状態が心配される今、危ないと思います
    とにかく第7戦は2010も2013も緊迫していて面白かったですから楽しみです

    • 崖っぷちになってからのレブロンが凄まじいですね。特に第6戦は、レブロンにしかできないような圧巻のパフォーマンスでした。

      バーンズのスリーが入らないと、ウォリアーズは厳しいかもですね。キャブスがバーンズをある程度放置してヘルプを優先しているので、前半にオープンショットを2本くらい沈められれば流れをもっていけるかもです。そうすればもっとインサイドから攻めやすくなるはず。

      イグダーラの怪我も心配ですね。両チームとも万全な状態で戦ってほしい。

  • PANTA

    結局GAME7まで戦うことになりましたね。個人的にはすでにCF並の満腹感です。

    ウォリアーズは立ち上がりからヘルプ、スイッチDFのミスにバーンズの不調、ボガット不在のミスマッチを突かれての大量失点と観ていてハラハラする展開に、
    バルボサ以外のベンチユニットが機能しなかったのも痛かったです。
    しかし2、3Qでの追い上げは素晴らしかったです。これぞスプラッシュブラザーズ!といった活躍でした。ステフが難しいレイアップを決められていたのも好印象です。それだけにファウルアウトは残念でした。

    それにしてもジェームズの鬼気迫る活躍には、誰よりも強い優勝への執念を感じました。
    後のないウォリアーズもあれぐらいの気持ちで最後の勝負に挑んでもらいたいですね。

    • 第7戦とか最高です!
      前半のカリーのファウルトラブルは痛かったですね。結果論ですが、カーHCはもう少し早くカリーをフロアに戻すべきだったかもしれません。せめて20点差がつく前に。アウェイなので、1度大量リードを奪われてしまうと、巻き返しが困難ですから。

      それにしてもキャブスは徹底的にカリーを狙ってますね。特に第6戦は、ほぼ全ポゼッションでカリーのマークマンがボールスクリーンを仕掛けて、強引にミスマッチに持っていき、カリーをボコボコにしていた印象です。あそこまで的にされたら、体力の消耗も激しそうです。
      こうなったらウォリアーズはスイッチせずに、ヘルプを使いながらボールスクリーンをヘッジしたほうがいいのではと思いました。簡単ではありませんが、ウォリアーズはチーム守備が優れたチームですし。ここでレブロンのジャンプショットが決まり始めると大ピンチですが、ポストアップされてカリーがファウルトラブルに陥るよりはマシかもしれません。
      どんな修正を加えてくるのか楽しみです。

  • ケンタブー

    お久しぶりです。
    まさか、ファイナルがここまでの展開になるとは思ってもみませんでした。
    今年のCFが東西共に白熱する展開だったので、
    特にウエストは事実上のファイナルくらいに捉えてましたが…、
    今年は大満足の決勝戦です。

    ラブ、ボーガッドらビッグマンが負傷離脱していたのは、フルメンバーで見られないということでやはり惜しいですが、
    各チーム他選手が補って余りあるプレーで、最終戦を熱く盛り上げて欲しいです。

    盤石と思われたウォリアーズの方が追い詰められている印象ですが、仕事人の多いチームはピンチにも強いと思っているので、ボールが動けば、あるいはトランジションでスプラッシュブラザーズが爆発すればいいゲームになるのかなと思います。
    逆に、そこで攻略できないと満身創痍のディフェンディングチャンピオンは…?

    正直ここ数試合のレブロンとカイリーは怪物のようなので、どう止めるのかも見ものだと追ってます。
    レブロンの「俺が一番だ!」みたいな自尊心はこういった競争の中でこそ発揮されるものだと思うので、このまま突っ走ってもらいたいです。

    何はともあれ、今年も2015-2016シーズンも残り一戦。
    楽しませていただきます!

    • お久しぶりです!
      今年はまさかの第7戦です。しかも、両チームにとって代償が極めて大きいので、盛り上がり方も近年最高レベルですね。ウォリアーズにしてみれば、73勝+史上初の満票MVPを出したシーズンで優勝できないというのは論外ですし、キャブス(特にレブロン)にとっては悲願の球団初優勝と前代未聞のシリーズ1勝3敗からの逆転勝利がかかっています。考えただけで鳥肌です!

  • YusukeIndia

    今年のNBAは色々と予想外のことが起こり過ぎ!
    どこに着目したらいいのやらわからないけど、泣いても笑ってもあと1試合で終了。
    どうなるんでしょ… ドキドキが止まらない(^ ^)

  • カリーの妻が「これは八百長だ」みたいなツイートで大炎上してるとか…..。カリーも妻もどうしても勝ちたいという気持ちからすこし感情的になりすぎてますね。リーグの顔となる選手なんですからこういった行為はやめてほしいですね。カズンズあたりが駄々こねるのとはわけが違うんですから。

  • plusone ttwo

    一時期はこのシリーズが最終戦までもつれるとは思いませんでした。
    私はこの試合はボーガット不在が大きく響いたと思います。
    いくらスモールラインナップとは言え、インサイドで壁となる選手がいるのと
    いないのではディフェンス面で大きく違うかと。特にアービングのドライビングから
    レブロンにパスしてゴール下でフィニッシュした場面はそう感じましたね。

    カリーへのファウルは確かに不当なものがあったと思います。
    ただ少し冷静になってチームを落ち着かせる必要があると思います。
    カリーが退場になってから明らかにウォーリアーズがトーンダウンしたので。
    もしかしたら次の試合にも響くんじゃないかと思っています。

    キャブスはトリスタン・トンプソンが絶好調ですね。
    本来はラブがもっと活躍しないといけないと思いますが、
    完全にその穴を埋めてます。ルーHCがラブを出さずにTTを出し続けたのも納得です。
    これはファイナルですし。

    次の試合もレブロンは良い気分で臨むと思います。
    そして間違いなくインサイドを攻めてくるかと。
    ディフェンス面を締めないとまたやられるんじゃないかな。

    今シーズンもあと1試合。シーズンが終わると思うと寂しいけど、
    最高のゲームを見せて欲しいです!!

  • siri

    もうこれからファイナルは少なくとも第7選は
    中立地で行うにしよう。そうしよう。後味が悪すぎる

    カリーはいつものフロップだから吹かれなくて当然だと思うけど
    トンプがトンプの肘に当たったのも怪しいな怪しくない?
    でも今日の試合の勢いを作ったのは間違いなく彼だった
    キャブスにMAX要求なんてふざけるなといった奴誰だよ

    今年はハリバンの年になるといった奴誰だよ俺だよ

    選手を見る目なさすぎだろ
    とにかく最終戦が楽しみ。でもこの熱ではオーリーアタックが出そうで怖い

    • 全部結果論じゃん
      少なくとも去年の活躍からマックス契約はありえなかったろ。ハリバンも同じ。去年の成長からしたら今季活躍すると思うの当たり前だろ。選手見る目なさすぎなんじゃなくて、未来見れてないって言ってるようなもんだろ。

      • siri

        ですね。日本語を間違いました
        未来見れてないと言うことですね
        こうなることを全く予想できずに去年の自分が恥ずかしいという意です
        申し訳ない

        • こちらこそ、口が悪かったです。すいません。頭冷やして読んでみれば、どちらもTTやハリバンを褒めるような意だということがいまようやくわかりまして…..。それこそ感情に任せて書き込んだ昨日の自分が恥ずかしいです。

  • アン

    強すぎる事とファンやベンチウォーマーの感じがイマイチ好きになれないGSWの中で唯一応援しているハリソン・バーンズなんですが、この2試合とても不調ですね。
    プレイオフ中ここまでスプラッシュに次ぐほどの高精度で外のシュート決めてきたにもかかわらず急に、、
    どれだけ不調でもストレッチ4を多用するCLEに対しては2-4番までカバーできて、リバウンドにも絡めるハリソンを外すわけにはいかないと思います。
    なんだかあれだけベンチ層が厚い感じだったのに、いざというときにはエジリもスペイツもバレジャオも使いもんにならないというのが、、
    ここまできたらレブロンに勝ってほしいですが、ハリソンの復活も期待したいです!

Back to Top ↑