プレイオフ スパーズ グリズリーズ 第3戦

Published on 4月 24th, 2016 | by Tunaパスタ

1

【SAS-MEM第3戦】レナードがプレーオフキャリア最多タイの32得点、スパーズがシリーズ王手へ

現地22日にフェデックス・フォーラムで行われたサンアントニオ・スパーズ対メンフィス・グリズリーズのシリーズ第3戦は、第4Qの接戦を制したスパーズが96-87で勝利。シリーズを3勝0敗とし、第2ラウンド進出にリーチをかけた。

シリーズ最初の2試合は平均29点差のワンサイドゲームに終わったが、第3戦はスタメンをザック・ランドルフ5番のスモールラインアップに変更したホームチームのグリズリーズが最後まで大健闘。第2Q序盤の13点ビハインドから気迫のディフェンスでじわじわと巻き返し、1点差で試合を折り返すと、第3Qもオフェンスリバウンドとインサイドの得点を武器にスパーズと互角以上の戦いをし、第4Q開始までに1点リードを奪った。グリズリーズが第1Q以降でリードしたのは、シリーズ3試合でこの日が初めてとなる。

第4Qに入ると、守備を引き締めたスパーズが再び主導権を掌握。グリズリーズは僅差で食い下がろうとするも、スパーズの2点リードで迎えた残り時間4分から、カワイ・レナードが8得点、1スティール、1ブロックと攻守で大活躍して勝負を決めた。

▼レナード

Q1 Q2 Q3 Q4
SAS 26 18 26 26 96
MEM 18 25 28 16 87

この日のスパーズは、レナードがプレーオフ自己ベストの32得点(スリー成功6本)、7リバウンド、2アシスト、5ブロック、4スティール、0ターンオーバー、0ファウルと、ほぼ完璧なパフォーマンスでチームを牽引。グリズリーズのランドルフは試合後、レナードのことを「サイレント・アサシン」と大絶賛した。

「カワイ・レナードは(ツーウェイ・プレーヤーとして)リーグでトップ2~3を争う選手だろう。奴はサイレント・アサシンだ」
– ザック・ランドルフ

レナードの他には、ラマーカス・オルドリッジが16得点、10リバウンドのダブルダブルをマーク。マヌ・ジノビリとダニー・グリーンはそれぞれスリー3本成功の11得点で勝利に貢献した。

▼グリーンは絶好調

グリズリーズは、ランドルフがチームハイの20得点/11リバウンド、マット・バーンズが42分の出場で17得点/11リバウンドを記録。試合には敗れたものの、最後までハードに戦ったチームに向けてスタジアムのファンたちから大きな拍手が送られた。

グリズリーズの生き残りをかけた第4戦は、現地24日に引き続きメンフィスで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • spi

    MEM負けてもお客さんから拍手もらっていましたね。
    試合終了時、シリーズが終わっていないのに、お互いのチームメンバーがけっこう軽くタッチとかしていて「え、3つで終わりに戻ったのか」と錯覚するくらいでした・・
    ベテランが多い同士だからか、全体的に穏やかで、毎試合そんな感じですが。

    これからG4を観戦します。

Back to Top ↑