プレイオフ ラプターズ ペイサーズ 第1戦

Published on 4月 17th, 2016 | by Tunaパスタ

0

【TOR-IND第1戦】PG13が後半をテイクオーバー、ペイサーズがシリーズ1勝0敗

どうやら“ポール”という名前の選手は、プレーオフのトロント・ラプターズにとって天敵となる傾向にあるらしい。

現地16日にエア・カナダ・センターで行われたラプターズ対インディアナ・ペイサーズのイースタンカンファレンス・プレーオフ第1ラウンドのシリーズ第1戦は、第4Qのクラッチタイムを制したペイサーズが100-90で勝利。ポール・ジョージがラプターズのオールスター2人を上回る大活躍をみせ、7位シードのペイサーズがホームコートアドバンテージを奪い取った。

45-43の2点差でハーフタイムに突入した16日の第1戦は、アウトサイドシュートを高確率で沈めて勢いに乗ったペイサーズが後半の主導権を掌握。ポール・ジョージの第3Q17得点で逆転に成功すると、第4Qは1点リードで迎えた残り時間6分から16-4のランを展開して食い下がるラプターズを13点差に突き放し、敵地でのプレーオフ初戦を制した。

Q1 Q2 Q3 Q4
IND 19 24 27 30 100
TOR 24 21 22 23 90

ペイサーズは、後半に大爆発したポール・ジョージが、5本中4本のスリーを成功させゲームハイの33得点、6アシスト、4スティールを記録。他には、モンテ・エリスが15得点、ソロモン・ヒルが13得点、ジョージ・ヒルとルーキーのマイルズ・ターナーがそれぞれ10得点をマークして勝利に貢献している。

▼PG13

「去年チームをプレーオフへと導けなかったことは、骨折そのものよりも痛かった。だから再びこのステージに立てて、すごく嬉しいよ」
– ポール・ジョージ

敗れたラプターズは、ベンチ出場のコリー・ジョセフがチームハイの18得点、第4Q終盤に6ファウルで退場したヨナス・バランチュナスが12得点、19リバウンド(球団プレーオフ記録)のダブルダブルをあげて奮闘。その一方で、チームのダブルエースであるカイル・ラウリーとデマー・デローザンが、2人の合計でフィールドゴール32本中8本成功の25得点、9ファウル、9ターンオーバーと精彩を欠いていた。

ゲーム1に勝てない

今季レギュラーシーズンでは球団勝率記録を49勝から56勝へと大幅に更新し、大きな期待と共にプレーオフに臨んだラプターズだが、これで2014年のネッツ戦、2015年のウィザーズ戦に続いて、3年連続でホームでの第1ラウンド初戦に敗北。またまた幸先の悪いポストシーズン開幕となったものの、ドウェイン・ケイシーHCは「ラウリーとデローザンが再びこのようなシューティングをすることはないだろう」とポジティブなコメントを残している。ラウリーも試合後、「去年とは違う。僕たちはとても前向きで自信にあふれている」と語った。

次の第2戦は、現地18日に引き続きトロントで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑