プレイオフ スパーズ サンダー 第2戦

Published on 5月 3rd, 2016 | by Tunaパスタ

12

【SAS-OKC第2戦】オルドリッジの41得点もスパーズは勝利ならず、シリーズ1-1のタイに

現地2日にAT&Tセンターで行われたサンアントニオ・スパーズ対オクラホマシティー・サンダーのカンファレンスセミファイナル第2戦は、終盤にスパーズのカムバックを逃げ切ったサンダーが98-97で勝利。第1戦の惨敗から見事立ち直り、シリーズを1勝1敗のイーブンとした。

この日の試合は、序盤から攻守でアグレッシブにプレーしたサンダーが、開始6分30秒で17-4のランを展開して13点リードを奪い先手を取る。最初のフィールドゴールアテンプト13本中12本を失敗するという最悪のスタートを切ったスパーズは、第1Q中盤でさっそくスターター4人をベンチに下げてセカンドユニットを投入すると、ラマーカス・オルドリッジのポストアップを中心にしたオフェンスで徐々にリズムを回復させ、第1ピリオド終了までに何とか8点差に巻き返した。

▼ジノビリのスリー

第2Qのスパーズは、序盤にパティ・ミルズとダニー・グリーンの連続スリーで一気に点差を縮めると、そこからオルドリッジがローポストで大暴れし、ピリオド中盤で逆転に成功。しかし完全に流れを変えることはできず、サンダーはラッセル・ウェストブルックのプレーメイキングから高確率でフィールドゴールを沈めてすぐにリードを奪い返し、試合は56-53のOKC3点リードで前半を終えた。

▼ラス×アダムスのアリウープ

後半に入ると、サンダーはピック&ロールを軸にスパーズのディフェンスを混乱させながら、サージ・イバカのキャッチ&シュートやウェストブルックのアイソレーションで得点を重ね、第3Q残り4分30秒でリードを11点に拡大。主導権を奪われそうになったスパーズだが、そこからウェストブルックがベンチに下がった隙に12-2のランで反撃し、ピリオド終了時点で1点差に持ち込んだ。

第4Qは、サンダーが開始から3分を8-0でアウトスコアして再びリードを広げるも、スパーズはグリーンが2連続スリーを沈めて何とか食らいつく。

そこからのクラッチタイムは、両チームとも順番にシュートを決め合う形で展開。オルドリッジの連続得点で巻き返そうとするスパーズに対して、サンダーはアダムスのプットバックやディオン・ウェイターズのコーナースリーなどで応戦。サンダーがリードを維持したまま、第4Qラスト1分に突入した。

カオスなフィニッシュ

ケビン・デュラントにフローターを決められ、5点ビハインドの大ピンチに陥ったスパーズは残り時間25秒、トニー・パーカーのキックアウトパスを受けたオルドリッジが、今季2本目となるスリーポイントに成功。

その後ウェストブルックが2本のフリースロー決めて4点差となるが、スパーズは続くタイムアウト明けのプレーで、オルドリッジがポンプフェイクでイバカを宙に浮かせて、スリーポイントのシューティングファウルをドロー。フリースローを3本とも成功させ、残り13秒で1点差に迫る。

そして迎えた最後のポゼッションはまさにカオスだった…

肘を使ってジノビリを押しのけ、ジャンプしながらスローインしたウェイターズにバイオレーションがコールされるべきだったかもしれないが、スパーズの敗因はそこじゃない。せっかくファウルすれすれでボールをスティールし、速攻でスコアする理想的な状況を手にしたにもかかわらず、そのチャンスをものにすることができなかった。

またネット上では、スローインの前にジノビリの足がサイドラインを超えているのでは?という声も多く出ている。NBAのルールブックによると、試合のラスト2分以内でこれをやった場合はテクニカルファウルとなり、オフェンス側にフリースローが与えられる。

第2戦 ラストプレー

Q1 Q2 Q3 Q4
OKC 29 27 21 21 98
SAS 21 32 23 21 97

レギュラーシーズンのウォリアーズに続き、今季のAT&Tセンターで勝利をあげた2チーム目となったサンダーは、ウェストブルックが29得点/10アシスト/7リバウンド、デュラントが28得点/7リバウンドと、ダブルエースが大活躍。アダムスが12得点/17リバウンドのダブルダブルを獲得した他、サージ・イバカが2本のスリー成功で12得点をあげている。

第1戦ではピック&ロールのディフェンスが問題となっていたが、第2戦ではスクリーナーへのヘルプやローテーションが大きく改善(特にイバカが良かった)。スパーズのFG成功率を42.6%に抑えると同時に、リバウンド数で48-37と圧倒した。

▼ウェストブルック

敗れたスパーズは、オルドリッジが41得点、8リバウンド、FG成功率71%(21本中15本)と第1戦に引き続きモンスターパフォーマンスを披露。第4Qラスト3分30秒間で13連続得点を獲得した。スパーズの選手がプレーオフの試合で40点を超えたのは、2009年のトニー・パーカー以来初となる。

▼オルドリッジ、シーズンハイ

オルドリッジの他は、レナードが14得点、ジノビリが11得点をマークしたが、この日のスパーズで二桁得点に届いたのはこの3人のみ。第2Qにはボバン・マリヤノヴィッチがチェックインしてスタジアムから大歓声が上がったが、3分の出場でボールをタッチする機会はほとんどなかった。

シリーズタイとなったスパーズとサンダーの第3戦は、3日間の休みを挟んだ後、現地6日にオクラホマシティーで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑