プレイオフ ウォリアーズ サンダー 第6戦

Published on 5月 29th, 2016 | by Tunaパスタ

14

【GSW-OKC第6戦】ウォリアーズが正念場で大逆転、シリーズ決着は第7戦へ

現地28日にチェサピーク・エナジー・アリーナで行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対オクラホマシティー・サンダーのWCファイナル第6戦は、第4Qの正念場で8本のスリーを決めたウォリアーズが108-101でサンダーを撃破。1勝3敗の崖っぷちから2連勝でシーズンをイーブンに戻し、決着をホームでの第7戦に持ち込んだ。

ウェスタンカンファレンスファイナルが第7戦に突入するのは、2002年のLAL対SACシリーズ以来14年ぶりとなる。

この日は、最初のピリオドを23-20で上回ったサンダーが試合序盤の主導権を掌握。第2Qにはラッセル・ウェストブルックのアシストから得点を重ね、ピリオド開始7分弱で18-8のランを仕掛けて13点リードを奪った。早くもピンチに陥ったウォリアーズだが、クレイ・トンプソンの連続スリーで息を吹き返すと、第1Qを無得点に抑えられたステファン・カリーもシュートを沈め始め、何とか53-48の5点差まで巻き返して前半を終える。

▼今季プレーオフのベストダンク!

後半に入ってからもトンプソンの好調は続き、第3Q開始から2ポゼッション連続でスリーを決め、ウォリアーズが逆転に成功する。対するサンダーは、パニックに陥ることなく、インサイドを攻めてすぐに再逆転すると、その後も攻守でリバウンドを制して、試合の流れをコントロール。第3Q終盤にはカリーに11連続得点を許してしまうが、それでもリードを譲ることなく、逆に点差を8点に広げて、ピリオドを締めくくった。

トンプソン、GSWのシーズン救う

アウェイゲームの残り時間12分で8点ビハインド。流れは完全にサンダーにあり、このままホームチームの逃げ切りで終わりそうな雰囲気だったが、そこからウォリアーズはトンプソンのギアがさらに一段階上がり、大逆転劇を演じる。

第4Qのトンプソンはクイックリリースからのタフショットを次から次へと放ち、6本中5本のスリーを成功させて試合をテイクオーバー。同点で迎えた残り時間1分35秒には、アンドレ・イグダーラのスティールからトランジションでスリーを沈め、ウォリアーズに3点リードを与えた。

▼トンプソン、スリー11本

第6戦でのトンプソンは、最終的に11本のスリー成功でゲームハイの41得点をマーク。プレーオフにおける1試合の3P成功数で歴代最多記録を樹立した。負けたらシーズン終了のアウェイ戦で、これほどの勝負強さを発揮できるのは本当に凄い…。

「少なくとも(スリーを)13本は決めるべきだったね。序盤にオープンショットを何本かミスしてしまった」
– クレイ・トンプソン

▼試合後にはGSWのオーナーもクレイにお辞儀

この日のクレイのパフォーマンスには、ダーク・ノビツキーも大絶賛。

「素晴らしい試合だ。クレイは驚異的だった」

正念場で逆転されたサンダーは、焦りからか完全にリズムを失い、ラスト1分30秒でターンオーバーを連発。ウォリアーズはポゼッションを維持して時間を削ると、カリーが残り16秒に、アイソレーションのドライブからとどめの1発となるバンクショットをねじ込み、勝負を決めた。

▼カリーの決勝ショット

Q1 Q2 Q3 Q4
GSW 20 28 27 33 108
OKC 23 30 30 18 101

王者の意地を見せつけたウォリアーズは、トンプソンの他、カリーが29得点、10リバウンド、9アシストを記録。ドレイモンド・グリーンが14得点、12リバウンド、6アシスト、3スティール、アンドレ・イグダーラが8得点、7リバウンド、3スティールをあげている。

グリーンは第4Q残り6分で5つ目のファウルを取られてしまったが、それ以降もアグレッシブさを失うことなく最後まで貢献。イグダーラは、正念場でサンダーのダブルエース相手に完璧な守備をみせ、逆転のきっかけを作った。

▼第6戦ハイライト

サンダーは、デュラントが29得点、ウェストブルックが28得点/11アシスト/9リバウンドを記録するも、合計でフィールドゴール成功率34%(58本中20本)とショットが安定しなかった。特に2人とも正念場でエクスキューションに苦戦し、デュラントは第4QがFG7本中6本失敗の4得点。ウェストブルックは試合ラスト2分間だけで、サイドラインからのパスミスも含め4本のターンオーバーを出している。

チーム全体では、ペイントエリア得点で52-18とウォリアーズを大きく上回ったが、スリー成功数が21本中わずか3本(ウォリアーズは44本中21本)。試合終盤はボールの動きが完全に止まって、1on1のヒーローボールに頼るようになり、タフショットやターンオーバーを連発してしまった。

Wikipediaによると、NBAプレーオフのシリーズ第7戦は、これまでに行われた124試合中100試合(80.6%)でホームチームが勝利を収めている。

「(第7戦は)僕たちの人生で最もハードな試合になるだろう。今日の試合よりもずっと難しいはずだ。だがゲームプランを守り、今日のようにプレーすれば大丈夫だろう」
– ドレイモンド・グリーン

ファイナル進出をかけたウォリアーズとサンダーの最終戦は、現地30日にオラクルアリーナで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑