プレイオフ ウォリアーズ クリッパーズ 第4戦

Published on 4月 28th, 2014 | by Tunaパスタ

0

【LAC vs. GS第4戦】ウォリアーズ快勝でシリーズタイに、クリッパーズはオーナーに無言の抗議

ドナルド・スターリンの大スキャンダルを受け迎えた27日のクリッパーズ対ウォリアーズのシリーズ第4戦は、ステファン・カリーがプレイオフ自己最多となる7本のスリーポイントを沈め、ウォリアーズが118対97で圧勝。シリーズを2勝2敗のタイに戻した。

クリッパーズはこの日、チームロゴが見えないようTシャツを裏返しに着た姿で試合前のウォームアップに参加。ジャージの上着を脱ぎ捨てコート中央に置き去りにし、全員が黒のリスト/アームバンド、もしくは黒の靴下を身につけルーティンを行った。クリッパーズオーナーの人種差別発言に対する静かな抗議だ。

▼乱雑に脱ぎ捨てられたクリッパーズのジャージ

▼ロゴを隠すためにTシャツ裏返し

「僕らは一つになる。何事も共に行っていく」
– クリス・ポール

試合は、ステファン・カリーが第1Qだけで5本のスリーを決め、開始から11分でウォリアーズが20点リード。そのまま試合の大部分で二桁台の点差をキープし続け、ホームで余裕の勝利を収めた。

Q1 Q2 Q3 Q4
LAC 24 24 23 26 97
GS 39 27 23 29 118

 ▼ステファン・カリーの第4戦ハイライト

▼カリーがスリーを決めたときのカリー母のリアクション

カリーはゲームハイの33得点と7アシスト、7リバウンドを記録。合計で14本中7本のスリーポイントを沈めた。

第5戦は29日にロサンゼルスで行われる予定だ。ESPNによると、クリッパーズは28日のチーム練習をキャンセルしたらしい。

Video:「YouTube

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑