Video 北京五輪 アメリカ代表

Published on 7月 21st, 2014 | by Tunaパスタ

5

【動画】2008年北京五輪のアメリカ代表が最強すぎる

「失われた栄光を取り戻す」という意味合いから「Redeem Team(リディーム・チーム)」と呼ばれた2008年北京オリンピックの男子バスケットボールUSA代表。

ロスターは、キャプテンのコービー・ブライアントを筆頭に、レブロン・ジェイムス、ドウェイン・ウェイド、ドワイト・ハワード、クリス・ポール、カーメロ・アンソニーなど、スーパースターが勢揃い。2002/2004/2006年の3大会連続で金メダルを逃したアメリカが、リベンジのためリーグのトッププレーヤを結集した近年最強のバスケチームだ。

1~3番のポジションだけをみれば(PG:ポール/キッド、SG:コービー/ウェイド、SF:レブロン/カーメロ)、1992年バルセロナ五輪代表の「ドリームチーム」と比べてもまったく遜色ないと思う。

このチームは機動力が圧倒的で、トランジションオフェンスは止めるのが完全に不可能なレベル。中でも特に印象的なのは、ドウェイン・ウェイド(9番)の超人っぷりだ。スティールから、アシスト、ダンクとオールラウンドに大活躍で、全盛期のウェイドがどれほど素晴らしい選手だったのか改めて思い知らされる。

北京五輪でアメリカ代表は、トーナメント決勝戦までのすべての試合を20点差以上の圧勝で勝ち進んだ。スペインとの決勝戦では、ガソル兄弟のツインタワーに苦しめられたが、終盤にコービーがゲームをテイクオーバーし、118対107で勝利。8年ぶりとなる金メダルを手にした。

▼コービー、北京オリンピック決勝

Thumbnail by Kris Krug/Flickr

Video:「YouTube

Tags: , , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • kitsu

    上の動画の1:25あたりのレブロンのブロックが無慈悲すぎて若干相手が可哀そうです…笑
    ウェイドすごいですね!今季はやっぱり膝の負荷が響いたのかな…

    • tunadrama

      メンタルを芯から破壊されるようなブロックですねw
      ウェイドの躍動感もすごいです。やはり近年は膝にガタがきています。

      それにしてもみんな楽しそうにプレーしていますよね。このチームが、ヒートのビッグ3結成に少なからず影響しているのかな、なんて思います。

      • kitsu

        ご返信ありがとうございます!
        BIG3は私もチラとそう考えました。ボッシュも今よりアグレッシブですよね。
        というか主戦場がアウトサイドに広がっただけなのかな?レブロンが居なくなった来季のプレーがどうなるか楽しみです。
        それにしてもセントラルディヴィジョンが盛り上がりそうですね。大好きなピストンズに頑張ってほしいのですが。
        移籍市場もやや落ち着いてきましたね。個人的にはペイサーズとセルティックスの動きがあまり目立たないのが気になりますね…

        • tunadrama

          確かにボッシュはヒートに移籍してから年々オフェンスが外に広がっていきましたね。
          http://i.imgur.com/CGpw5gU.gif

          レブロンのドライブからキックアウト→ボッシュのワイドオープンショットは最強でした。今後はボッシュがどうアジャストしていくのか見物ですね。

          来季のセントラルディヴィジョンはすごく楽しみです。キャブスとブルズが大幅な戦力アップしたのに対して、ペイサーズはちょっと出遅れた感があります。昨季のオフシーズンの盛り上がりに比べて失速ムードが半端なく、早くもペイサーズの天下が終わる予感が…。

          kitsuさんはピストンズファンでしたか!私も00年代中盤のピストンズは大好きなチームの一つです!

          2008年のビラップス放出、2009年のゴードン/ビラヌエバとの高額契約以来、完全に脱線して立ち直れていないのが惜しいです。今年のドラフトでも、キャブスが1位にならなければ8位指名ができたんですがね。少しだけ運が悪かったです。

          昨季もロスター自体、特にフロントコートはレベルが高かったと思うんですが…。ドラモンド/モンロー/スミスの3人がうまく機能できなかったかな?
          ジェニングスもいいパスを出すようになったんですけどね。彼がもう少しフローターとかミドルレンジのゲームを上達させれば、ドラモンドといい感じでP&Rのコンビプレーができるようになると思います。

          やはり一番の課題はチームディフェンスでしょうか。来季はスタン新HCが何らかのテコ入れをしてくれることに期待です。ぜひドラモンドをリーグ最強クラスのセンターに育て上げてほしいです。

          • kitsu

            そうなんですよね!2005年のスパーズとのファイナルは最高でした。負けてしまいましたが…スパーズも好きなので。

            DETはフロントコートならNBAでもかなり上位だと思うんですよ。ブルズ、ペイサーズも含めてフィジカルなぶつかり合いという意味でもセントラルすごく楽しみです。
            個人的にはブランドンナイトの懸命なプレーが好きだったので昨季にバックスに行ってしまったのは残念でした…ジェニングスはシュート優先傾向に見えてフロントコートを生かしきれてないかなと…
            今季はカロン・バトラーとD.J.オーガスティンも入って外が期待できそうなのでゲームメイクに長けたPGが補強できれば最高なんですが…笑
            やはりAllStarのRSでMVPも取ったドラモンドに期待せずにはいられないです。オラジュワンにドリームシェイク、偉大なる大先輩ベン・ウォーレス兄貴に鬼のフィジカルトレーニングで指導されれば手が付けられなくなると思うんですけどね…笑

            長々とお付き合いいただいてありがとうございます。ちょっと興奮してしまいました。
            このサイトは見やすいうえにネタも多くてとても楽しいです。
            これからもよろしくお願いいたします。

Back to Top ↑