Published on 4月 26th, 2013 | by Tunaパスタ

シャックが厳選!!NBA2012-13年シーズンの珍プレートップ5

NBAの長いレギュラーシーズン。鳥肌モノのスーパープレイもあれば、笑いを誘う珍プレーもたくさん生まれる。世界のトッププレイヤーといえどやはり人間、失敗はあるものだ。

米TNTの人気番組「Inside the NBA」から、シャキール・オニールが選ぶ2012-13シーズンのワーストプレイをご覧ください(上の動画)。


5.ケンドリック・パーキンス – 敵にノールック・パス


パーキンス 珍プレー

優れたボールハンドラーとしては知られていないパーキンスの絶妙なノールックパス。パスを出した本人が一番驚いたようだ。動画をみると、ウェストブルックの苛立ちが伝わってくる。


4.ブルズ – インバウンダーのいないインバウンドプレイ


インバウンドする人がいないのに、ボールをもらおうと走り回るブルズのプレイヤーたち。これはコーチのせい?


3.グレッグ・スミス – ペイントエリアで靴ひもを結びアウト


グレッグ・スミス 珍プレー

なぜそこで靴ひもを結ぶのか?当然のごとく3秒ルールをとられた。これぐらい見逃してやればいいのにとも少し思う。


2.アミール・ジョンソン – ドリブル→フェイク→ドリブル


アミール・ジョンソン 珍プレー

ここまであからさまなダブルドリブルは珍しい。漫画で見たことがあるプレーだ。なんと審判はこのプレイを見逃してしまい、ジョンソンのシュートはカウントされた。


1.ジャベール・マギー


1位は珍プレーでお馴染みのジャベール・マギー。センターのマギーが速攻をリードしようとするが、バランスを失いあえなくターンオーバーに…。タイ・ローソンを巻き込んで、危うく怪我させるところだった。

Thumbnail:「youtube.com/watch?v=N6kzSUqoFd4

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑