Video アンソニー・デイビス スーパープレー

Published on 3月 16th, 2015 | by Tunaパスタ

2

アンソニー・デイビスがありえない高さでボールをキャッチしてアリウープ

36得点、14リバウンド、7アシスト、9ブロック!!現地15日に行われたダブルオーバータイムのデンバー・ナゲッツ戦で、ニューオリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスがあと少しでクアドルプル・ダブルという恐ろしいパフォーマンスを披露した。

特に度肝を抜かれたのは、第1Q終了間際にみせたファーストブレイクのアリウーププレー。ウィル・バートンのショットをブロックしたデイビスは誰よりも速くコートを縦断し、ノリス・コールからのパスをとんでもない高さでキャッチして、そのままリングに叩き込んだ。

腕の長さが尋常じゃない!

アンソニー・デイビス アリウープ

ペリカンズはデイビスの他にも、タイリーク・エバンスが25得点、10アシスト、9リバウンドの大活躍をみせたが、2OTでわずか2点しか挙げることができず、ホームで悔しい敗北を喫した。

▼アンソニー・デイビス、15日ナゲッツ戦ハイライト

デイビスは2月からチームに加わった2度のNBA王者であるノリス・コールとの相性も良さそうだ。この2人は10日のネッツ戦でも見事なコネクションをみせてくれた。

ボックススコア:「NBA/Stats

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • くりあたま

    うーん凄いのは凄いんですがデイビスもギリギリできたような感じですね。コールはもう少し低くて取りやすいパスが出せなかったのでしょうか?
    デイビスが怪我した時も味方の取りにくいアリウープパスをダンクした時に負ったのですから時にはチームメイトに、もっと取りやすくパスを出せというのも大事な気がします

    • 確かにレシーバーがデイビスじゃなかったら悲惨なターンオーバーに終わっていそうなパスですね。

Back to Top ↑