Video ウェスタンカンファレンス ベストプレイ

Published on 6月 18th, 2017 | by Tunaパスタ

1

NBA30チームのベストプレイ2016-17: ウェスタンカンファレンス

シーズンは終わったばかりだが、すでに来季の開幕が待ち遠しい。以下、2016-17シーズンのウェスタンカンファレンスより各チームの印象に残ったプレイ。

ダラス・マーベリックス

3月7日レイカーズ戦、ダーク・ノビツキー通算3万得点到達

キャリア通算30000得点超えは、ウィルト・チェンバレン、カリーム・アブドゥル・ジャバー、マイケル・ジョーダン、カール・マローン、コービー・ブライアントに次いで史上6人目となる大快挙だ。

デンバー・ナゲッツ

3月13日レイカーズ戦、ニコラ・ヨキッチのノールックパス:

ビッグマンとしてはリーグ屈指のパスセンスを持つヨキッチ。今季はオールラウンドなオフェンスプレイヤーとして躍進を遂げ、シーズンでトリプルダブルを6回達成し、2016-17MIPのファイナリストに選ばれている。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ

12月5日ペイサーズ戦、アリウープ:

ドレイモンド・グリーンのフルコートパスからカリーとKDのアリウープ。なおこの試合では、クレイ・トンプソンが29分の出場で60得点をマークした。

ヒューストン・ロケッツ

3月20日ナゲッツ戦、ジェイムス・ハーデンの決勝プレイ:

コースト・トゥ・コーストから残り2.4秒で逆転のレイアップに成功。続く守備ポゼッションでも、ナゲッツのアリウープを阻止するファインプレイを見せた。

ロサンゼルス・クリッパーズ

12月22日スパーズ戦、デアンドレ・ジョーダンのポスタライズダンク:

パウ・ガソルは再びLACダンカーの犠牲に…。

ロサンゼルス・レイカーズ

12月14日ネッツ戦、ラリー・ナンスのダンク

信じられない高さでブルック・ロペスをポスタライズ。ダンク・オブ・ザ・イヤーの有力候補だ。

メンフィス・グリズリーズ

11月16日クリッパーズ戦、マーク・ガソルのクラッチスリー:

ショットを決めた後のセレブレーションも最高。ガソルはデビューから昨季までの8シーズンでスリー成功数が合計12本(成功率18.2%)だったが、今季は74試合でその約10倍の104本(成功率38.8%)を決めている。

ミネソタ・ティンバーウルブズ

1月24日サンズ戦、アンドリュー・ウィギンスの逆転ブザービーター:

途中でバランスを崩しながらも、P.J.タッカーのタイトなディフェンスをかわし、終了のブザーと同時に逆転決勝ゴール。

ニューオリンズ・ペリカンズ

3月14日ブレイザーズ戦、デイビスとカズンズのコネクション:

ツインタワーのポテンシャルの高さを感じさせてくれる見事な連係プレー。

オクラホマシティー・サンダー

4月10日ナゲッツ戦、ラッセル・ウェストブルックの逆転ブザービーター:

この日のウェストブルックはシーズン42回目のトリプルダブルを達成し、1シーズンのトリプルダブル数で1961-62のオスカー・ロバートソンが50年以上保持していた歴代最多記録を更新。そしてこの歴史的な夜を逆転のブザービータースリーで飾った。

フェニックス・サンズ

3月5日セルティックス戦、ブレッドソーとユリスのクラッチショット:

第4Q残り11秒の2点ビハインドからエリック・ブレッドソーとタイラー・ユリスが連続でショットを決め、サンズがブザーで逆転勝利。

ポートランド・トレイルブレイザーズ

4月10日スパーズ戦、ノア・ボンレーの決勝レイアップ:

ファンブルしたボールがゴール下のボンレーに渡り、ブザービーターでブレイザーズが逆転勝利を収めた。

サクラメント・キングス

2月8日セルティックス戦、ウィリー・コーリー・ステインのアリウープ:

ワンハンドでロブパスをキャッチして、そのまま豪快にダンク。滞空時間がすごい。

サンアントニオ・スパーズ

3月7日ロケッツ戦、カワイ・レナードの決勝スリー&ブロック:

第4Q残り25秒に逆転のプルアップスリーを沈めると、さらに続くロケッツの攻撃でジェイムス・ハーデンのレイアップを背後からブロック。スパーズを8連勝へと導いた。

ユタ・ジャズ

12月16日マブス戦、ロドニー・フッドの決勝スリー:

残り7秒でリバウンドを確保した際にクイン・スナイダーHCはタイムアウトをコールせず、マブスが少し油断した隙に、フッドがトランジションで決勝スリー。

イースタンカンファレンス2016-17のベストプレイ

Image by Keith Allison

参考:「Reddit

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • ルパン

    各チーム振り返ってみると色々ありましたね。来シーズンはペリカンズのツインタワーに期待してます。プレーオフの出場は最低でもクリアしてもらって、どこまで通用するのか楽しみです。あとはやはりノビツキーかな。積み上げてきたものの大きさが改めてわかりますね。
    そういえば…シーズンオフになってアメリカでは3×3の新リーグの立ち上げが話題になってますね。アイバーソンやらビラップスがチームを率いて参戦しているとかで。選手たちの本気度が知りたいですね。小遣い稼ぎ程度なのか、あるいは全力で勝ちに行くのか。まぁ、どちらにせよ引退したレジェンドたちのプレーがまた見られるのは喜ばしいことです(^-^)

Back to Top ↑