Video ブレイク・グリフィン 復帰

Published on 4月 4th, 2016 | by Tunaパスタ

0

ブレイク・グリフィンがついに試合復帰、最初のフィールドゴールはアリウープ

大腿部の負傷と右手の骨折、さらに不祥事による4試合の出場停止処分で12月末から戦線離脱していたロサンゼルス・クリッパーズのブレイク・グリフィンが、現地3日にステイプルズ・センターで行われたワシントン・ウィザーズとの試合で3ヵ月ぶりに実戦復帰。第1Q中盤には、さっそくクリス・ポールのパスからアリウープダンクを決めるグリフィンらしいプレーで復帰後最初の得点を飾り、本拠地のファンを沸かせた。

「リズムがすごく悪かった。コンディションは予想していたよりも少し良かったよ。決して素晴らしいとは言えないけどね。チームメイトと一緒にフロアに立てるだけで幸せだ」
– ブレイク・グリフィン

この日のグリフィンは24分の出場でFG7本中2本成功の6得点をマーク。40試合以上のブランク明けで、まだまだ本調子には遠いが、動き自体はそれほど悪くなく、ポストアップからカッターへのパスやペリメーターでのドリブル・ハンドオフ/ボールスクリーンなど得意のプレーメイキングで貢献し、4アシスト、5リバウンドを記録している。クリス・ポールは試合後、「ブレイクがいると無限の可能性が生まれる」とグリフィンの復帰を大歓迎した。

試合は、第1Qを33-23で上回ったクリッパーズが、そのまま最後までリードを維持。第4Q終盤にウィザーズの4連続スリーにより、残り時間40秒で3点差にまで詰め寄られたが、その直後にCP3がロングレンジを沈めると、続くポゼッションでジョン・ウォールのパスミスをスティールし、114-109での勝利を決めた。

Q1 Q2 Q3 Q4
WSH 23 26 24 36 109
LAC 33 27 24 30 114

▼CP3、ウィザーズ戦ダブルダブル

クリッパーズは、クリス・ポールがゲームハイの27得点/12アシスト、ジャマール・クロフォードが19得点/6アシストをそれぞれ記録してチームを牽引。他には、J.J.レディックが18得点、デアンドレ・ジョーダンが12得点/12リバウンドのダブルダブルを獲得している。

37勝40敗でイースト8位のピストンズから4ゲーム差に落ち、プレーオフ進出が極めて難しくなったウィザーズは、マーチン・ゴータットがチームハイの21得点、ウォールが15得点/13アシストを記録した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑