Video ブラッドリー・ビール 51得点

Published on 12月 7th, 2017 | by Tunaパスタ

1

ウィザーズのビールがキャリア最多の51得点

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールが、現地5日にモダセンターで行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦で37本中21本のショットを決めて、51得点を獲得。エースのジョン・ウォールが離脱中で、さらにバック・トゥ・バックの2試合目と厳しい状況の中、自己キャリア最多記録を更新して、チームを106-92の快勝に導いた。

前日のジャズとのロードゲームでは、球団史上ワースト2位の得点差(47点)で大敗したウィザーズだが、この日の試合では序盤から絶好調だったビールが前半19得点でチームを引っ張り、主導権を掌握。後半にはリードを最大で22点に広げ、第4Q終盤で一時9点差まで巻き返されたが、そこから7-2のランで試合をクローズして余裕の勝利を収めた。2000年以降のウィザーズで50得点に到達したのは、マイケル・ジョーダン、ギルバート・アリーナス(3回)、ジョン・ウォールに次いで、ビールが4人目となる。

「これまでは無駄に考えすぎていた。今日はとにかく自由に、楽しみながらプレイできた」
– ブラッドリー・ビール

ビールはオールラウンドなスコアラーとして着実に進化している。これまではシューターという印象が強かったが、今季はタイトなスペースをドリブルで突破してショットクリエイトするなど、ボールハンドラーとしてのクリエイティブさも成長しており、リムでのフィニッシュやファウルのドローも上手くなった。ウォールほどではないにしても、ピック&ロールで見せるマーチン・ゴータットとの息もぴったりだ。

ウィザーズ(13勝11敗)はビールの他、ビールに50点超えのアシストを出したケリー・ウーブレイJr.が14得点をマーク。敗れたブレイザーズ(13勝11敗)は、デイミアン・リラードが30得点、9アシスト、8リバウンドを記録している。

Image by Keith Allison

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Hayato Abo

    ビールはついに殻を破った感じですね!ジンクスが何かは分かりませんが日本に訪れた選手はほぼ全員調査をあげてますよね!

Back to Top ↑