Video ジミー・バトラー クラッチプレー

Published on 1月 16th, 2017 | by Tunaパスタ

2

バトラーがクラッチプレー連発、ブルズが敵地でグリズリーズに勝利

最近のジミー・バトラーほど勝負所で頼りになる選手はなかなかいない。現地15日のメンフィス・グリズリーズ戦でも、クラッチタイムに勝敗を決するファインプレーを攻守でみせ、シカゴ・ブルズを敵地での勝利に導いた。

この日は、第1~3Qを通してFG9本中3本の7得点とスコアリングに苦戦していたバトラーだが、終盤の正念場でいつものように本領を発揮。まず同点で迎えた第4Q残り53秒にステップバック・ジャンパーを沈めると、続くポゼッションではピック&ロールからスプリットで守備をかわし、ミドルレンジからプルアップ・ジャンプショットに成功。さらに4点リードで迎えた残り時間6秒には、グリズリーズのインバウンズパスをボールダイブしてスティールし、ブルズの勝利を確実なものにする。

今季のバトラーは、クラッチタイムの平均得点(5点差以内のラスト5分間)で、ラッセル・ウェストブルック(5.8)、アイザイア・トーマス(4.6)に次いでリーグ3位となる4.4得点を記録中。シーズン平均では24.9得点、6.8リバウンド、4.6アシストと、オールスター先発にふさわしいパフォーマンスを続けている。

ドウェイン・ウェイドが欠場した15日のブルズは、バトラーの他に、ダグ・マクダーモットが自己ベストの31得点で大活躍。タージ・ギブソンが18得点、8リバウンドをマークした。

▼マクダーモット31得点

▼ロビン・ロペスは顔面タッチパス。アシストにはカウントされていない…

敗れたグリズリーズは、マイク・コンリーが28得点/8アシスト、マルク・ガソルが24得点/11リバウンドを記録している。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑