Video %e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89-%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%bc

Published on 10月 13th, 2016 | by Tunaパスタ

3

ロケッツ新人のチナヌ・オヌアク、実戦でアンダーハンドのフリースローに成功

10月12日に北京で行われたヒューストン・ロケッツ対ニューオリンズ・ペリカンズのプレシーズンゲームで、かなりレアなシーンが見られた。

第4Q残り3分20秒、シューティングファウルを受けたロケッツルーキーのチナヌ・オヌアクは、フリースローラインでボールを下に構え、そのままアンダーハンドでシュート。リック・バリー流のオールドスクールな打ち方で、見事2本中2本のフリースローを決めると、会場からは歓声が上がった。NBAの試合でアンダースローのフリースローが決まったのはいつ以来だろう…?

オヌアクがアンダースローに目覚めたのは1年ほど前。ルイビル大でのフレッシュマン・シーズンにフリースローで苦戦していたオヌアクに対して、ヘッドコーチのリック・ピティーノが「下から打ってみろ」と助言したのがきっかけだ。フォームの変更後、オヌアクのフリースロー成功率は47%から59%に改善している。

バスケットボーラーとしてのプライドが邪魔をするのか、フリースローが苦手な選手たちはアンダーハンドを使おうとしないが、オヌアクは人目を気にせずに、今後も下投げフォームを貫いていくつもりだという。

「他人にどう思われようが関係ないと考えるようになった。得点を取れさえすれば、僕は満足だよ」

Video:「YouTube

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑