Video クリッパーズ 45点差

Published on 2月 11th, 2014 | by Tunaパスタ

0

C.ポール復帰のクリッパーズがシクサーズを完全破壊

司令塔のクリス・ポールが復帰し、モチベーションMaxのロサンゼルス・クリッパーズが9日、球団史上最多となる45点差でフィラデルフィア・セブンティシクサーズを葬り去った。

いくら上位チームと下位チームの対戦とはいえ、NBAでここまで圧倒的なワンサイドゲームは非常に稀だ。

特に前半のスコアボードがそのすべてを物語っている:

Q1 Q2 Q3 Q4
PHI 15 15 21 27 78
LAC 46 23 31 23 123

13-0のランで試合をスタートさせたクリッパーズは、ポール/グリフィンのデュオが2ポゼッション連続アリウープを決めるなど、序盤からやりたい放題。最初の12分で46得点を叩きだすと、第2Qにはさらに点差を広げ、69対30で前半を終えた。ESPNによると、ハーフタイム時での39点リードは、過去20年の試合で2番目に大きな点差らしい。

ポール/グリフィンの2連続アリウープ

後半に入ってからも、クリッパーズは攻撃の手を一切休めず。第3Q開始から20-3のランを展開し、最大で89対33の56点差にまでリードを広げた。トリプルスコアまであと少し…。

その後シクサーズが14-0のランで巻き返しを図るも、大量得点差が埋まるはずもなく、最終的に123対78でクリッパーズが歴史的な圧勝を収めた。

この日のクリッパーズはフィールドゴール89本中50本に成功(56.2%)。その一方で、シクサーズのFG成功率を27%(100本中27本)に抑える鉄壁のディフェンスを披露した。

個人では、ブレイク・グリフィンが26得点/11リバウンド、デアンドレ・ジョーダンが10得点/20リバウンドのダブルダブルをそれぞれ獲得。約5週間ぶりに復帰したクリス・ポールは、23分の出場時間で7得点、8アシスト、4スティールを記録した。

※   ※   ※

もしかするとクリス・ポールの怪我は、クリッパーズにとってある意味プラスだったかもしれない。クリッパーズはリーダー不在の5週間、7連続アウェイ戦を含む18試合を戦い、12勝6敗という好成績を収めた。

その間、ブレイク・グリフィンはチームのNo1オプションとなったことで一段と成長し、27.5得点、8.2リバウンド、4.3アシスト、1.4スティールを平均する大活躍。さらに他のロールプレーヤーたちにも自信が付き、チームとして一皮むけたような印象がある。

Video:「YouTube

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑