Video %e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%bc-%e3%83%87%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88-%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%b3

Published on 10月 23rd, 2016 | by Tunaパスタ

6

カリーとKDがブレイザーズ戦で爆発、合計スリー13本の63得点

新生ウォリアーズのダブルエースが、今季プレシーズン最後の試合となったポートランド・トレイルブレイザーズ戦で、驚異的なシューティングパフォーマンスを披露した。

この日はブレイザーズが絶好調のスタートを切り、開始5分で22-6の大量リードをゲットするも、そこからウォリアーズのオフェンスが大爆発。第1Q残り7分から第3Q残り2分の29分間でブレイザーズを80-43でアウトスコアすると、一気に21点差を奪う。

この27分のランの間に、ステファン・カリーとケビン・デュラントは合計13本のスリーを沈め、59得点を獲得。2人の得点だけで、同じ時間帯のブレイザーズの得点を16点も上回った。なんだそりゃ…。

▼カリー

▼この3人のトランジションはディフェンスにとって悪夢

デュラントハイライト

最終的にカリーがスリー8本成功の35得点、デュラントが28得点/7リバウンド/6アシストをマークし、ウォリアーズは107-96でプレシーズンのラストゲームに勝利。この日はクレイ・トンプソンがFG成功率23%の9得点と精彩を欠いていたが、まったく問題なかった。

他には、イアン・クラークが17得点を記録。ブレイザーズは、デイミアン・リラードが20得点、C.J.マッカラムが16得点をそれぞれあげている。

リベンジに燃える今季ウォリアーズをどうすれば止められるだろう?昨季プレーオフでは、キャブスやサンダーがみせたオールスイッチ+ハリソン・バーンズをある程度放置という戦略が効果的だったが、デュラントが加わった今、それだけでは通用しなさそうだ。

激しいボールプレッシャーをかけつつ、オフボールのカッターに対してもフィジカルにあたりながら徹底的に張り付く。とにかくディフェンスに死力を尽くして、後はカリー、KD、クレイの不調を祈るしかないのか…。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • PANTA

    クレイが不調でこの結果なんですよね…しかもスタメン30分以下はビックリです。
    KDの得点力に加えて、リバウンドやリムプロテクトでの貢献は予想以上でした。まさかドレイモンドをこんなに下げれるとは、
    控えの不安もありますが、RSどこまで行けるか楽しみです

  • GSW

    RSではどのチームも寄せ付けない強さを見せてくれると思います
    怪我に弱い選手が多いのでPOでは不安です

  • お茶

    昨シーズンのPOではデュラントのゴール下のディフェンスが冴えわたりウォリアーズを苦しめましたし、今年はデスラインナップが攻守そして高さともにさらに破壊力が上がったのではないでしょうか

  • ぶう

    KDがウォリアーズのスタイルと相性がいいのはわかっていたことですが…
    プレシーズンの段階でこんなに早くチームに馴染むとは思ってませんでした。笑
    カリー、トンプソン、KDのボールの共有も全く問題なさそう
    3人でシーズン平均80得点も夢じゃないのでは?笑

    今季のウォリアーズには期待せざるを得ないですね!!

  • masayann

    クレイ不調でこれですか、、、それにしてもkd、カリー、クレイ、のフィールドゴールアテンプト数がチーム全体の61パーセントという(笑)ちなみにクラークも合わせるとチーム全体の73パーセントです(笑)バランスが悪い気がしますが、、、GSWってもともとこういうチームでしたっけ?

  • MJ32

    カリーのシュート技術、チームのスクリーン技術がかなり増えているように見えるのですが。プレシーズンでこのレベルに達しているというのが恐ろしすぎる。
    ブザービーターでもない3PにDが2枚飛んでくるって普通ありましたっけ?ゴール下の選手がフリーになっちゃうのに。それでも撃つし決めるし。

Back to Top ↑