Video ステファン・カリー 決勝スリー

Published on 12月 3rd, 2014 | by Tunaパスタ

0

カリーの逆転決勝スリーでウォリアーズが10連勝

現地2日に行われたオーランド・マジック対ゴールデンステイト・ウォリアーズで、ステファン・カリーが逆転決勝ゴールとなるスリーポイントシュートを決めた。

試合は第4Q残り10秒でカリーがディフェンスリバウンドを確保。ウォリアーズの2点ビハインドだったが、スティーブ・カーHCはタイムアウトを取らない。そのままカリーはボールを運んでいき、ディフェンダーにドリブルフェイクをかけてスペースを空けると、クイックリリースでプルアップスリーを放った。

「左から中央をドライブして、ファウルでももらおうと考えていた。だけどディフェンダーがイン・アンド・アウトのフェイクに反応したので、トランジションから良いリズムのシュートが打てた」
– ステファン・カリー

このシュートによりウォリアーズは残り2.2秒で逆転に成功。続くマジックのポゼッションでは、ドレイモンド・グリーンがインバウンドパスをスティールして勝利を決めた。

Q1 Q2 Q3 Q4
ORL 25 21 29 22 97
GS 24 32 17 25 98

左足首の捻挫で出場が危ぶまれていたカリーだが、最終的に36分間フロアに立ち22得点、5アシストをマーク。同じく試合前に右四頭筋の不調を訴えていたクレイ・トンプソンは20得点、6リバウンドを記録している。この日のウォリアーズは後半からオフェンスが停滞し、第4Q残り4分でマジックに9点のリードを許していたが、そこからスプラッシュブラザーズの2人が3本連続でスリーを沈め、残り時間2分までに試合を同点に戻した。

▼12月2日、ウォリアーズハイライト

これで10連勝を挙げたウォリアーズは成績を15勝2敗とし、グリズリーズと並んでウェスト首位タイとなった。フランチャイズ史上最高のシーズンスタートだ。

敗れたマジックは、ビクター・オラディポがゲームハイの27得点、カイル・オークインが21得点/11リバウンドをそれぞれ記録している。

Video:「YouTube

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑