Video %e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%bc-%e7%ac%ac3q

Published on 11月 3rd, 2016 | by Tunaパスタ

7

カリーがPOR戦の第3Qに大爆発、ウォリアーズは3連勝

ステファン・カリーの第3Qテイクオーバーが、今季もついに飛び出した。

現地1日にモーダ・センターで行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対ポートランド・トレイルブレイザーズ戦。前半のスターター3P成功数が12本中わずか1本と、シューティングに苦戦しながらも何とかリード確保に成功したウォリアーズは、第3Qに入ってからカリーが一気に大爆発する。

後半開始間もなくに連続でロングレンジを沈めてリズムを掴むと、オフボールでも積極的に走り回り、カットからのレイアップでもスコア。第3Qの12分間で、5本のスリーを含む12本中8本のフィールドゴールを決めて23得点をあげ、たった1人でブレイザーズのピリオド得点を上回る大活躍をみせた。

第3Qのランで点差を27点に広げたウォリアーズは、第4Qもそのまま最後まで大量リードを維持。スーパーチーム結成からシーズン4試合目にして、ようやくウォリアーズらしいブローアウト勝ちを手にした。

Q1 Q2 Q3 Q4
GSW 34 25 41 27 127
POR 25 28 20 31 104

今季3勝1敗となったウォリアーズは、カリーが28得点、ケビン・デュラントが20得点をそれぞれマーク。さらにイアン・クラークがFG8本中8本のパーフェクトシューティングでキャリアハイの22得点を獲得し、勝利に大貢献している。

一方で、クレイ・トンプソンは14得点をあげたものの、スリー7本すべてに失敗と、スランプから抜け出せていない。スティーブ・カーHCもそのことを気にかけたのか、すでに勝敗の決した第4Qのガベージタイムでも、残り時間4分になるまでトンプソンをフロアに残した。

敗れたブレイザーズは、デイミアン・リラードがゲームハイの31得点を記録。またこの日が公式戦デビューとなったルーキーのジェイク・レイマンは、第4Qにアウトサイドショットを沈めまくり、8分の出場で17得点をマークしている。

▼レイマンデビュー

ウォリアーズは、2日後の現地11月3日にウェストブルック率いるオクラホマシティー・サンダーとホームで対戦する。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑