Video デアンドレ・ジョーダン ジャンプボール

Published on 11月 24th, 2015 | by Tunaパスタ

4

デアンドレ・ジョーダンがジャンプボールからフルコートのティップパス

ロサンゼルス・クリッパーズのデアンドレ・ジョーダンが、現地22日のトロント・ラプターズ戦後半に、反対側のコートでのジャンプボールからアシストを挙げるという珍しいプレーをやってのけた。

ルイス・スコラ相手に圧倒的高さでジャンプボールを制し、バレーのサーブのような感じでフロントコートにボールをティップ。真っ先に走り出していたウェズリー・ジョンソンがそれに追いつき、イージーなダンクを決めた(トラベリングっぽいけど…)。

J.J.レディックとジョーダンの連続得点により11-6のランで試合をスタートしたクリッパーズだが、第1Qの中盤からはやくもリズムが崩壊。前半はFG成功率38%、3P成功率25%、13ターンオーバーの失態で34点しかスコア出来ず、その一方でラプターズに63得点を許してしまい、ハーフタイムまでに29点のリードを奪われた。

後半に入ると、クリッパーズはディフェンスを引き締めて反撃を開始する。ラプターズのクォーター得点を8点に抑えて第3Q終了までに点差を16点に縮めると、さらに第4Q序盤にセカンドユニットが奮闘し、残り時間7分30秒で6点差までカムバック。しかしそこからクリス・ポールやブレイク・グリフィンらスター選手の調子が上がらず、再びリードを二桁に広げられて敗北した。

Q1 Q2 Q3 Q4
TOR 33 30 8 20 91
LAC 23 11 21 25 80

ラプターズは、デマーレ・キャロルとデマー・デローザンが21得点、ルイス・スコラが20得点と、3選手が20点以上を記録。他にもカイル・ローリーが13得点、10アシストをマークし、チームの後半得点がわずか28点ながら、アウェイで最後まで逃げ切ることに成功した。

一方のクリッパーズは、二桁得点を獲得できたのが、レディック(17得点)とCP3(13得点)、ジョーダン(13得点)の3選手のみ。グリフィンは10本中4本のFG成功で9得点、6ターンオーバーと精彩を欠いていた。

これでクリッパーズは過去9試合中7試合を落とし6勝7敗。クリス・ポールが移籍して以来で最悪のシーズンスタートだ。ドック・リバースHCも頭を抱えている。

YouTubeでは、今季チームの不振に失望したクリッパーズファンによる自作ラップが話題に:

Orange County Register』によると、試合後のクリッパーズロッカールームでは、ジョシュ・スミスとコーチングスタッフの1人が口論になっていたとのこと。厚い壁から外に声が漏れるほどの大声で怒鳴り合っていたという。

口論の詳細については明かされていないが、リバースHCは「今日のようなプレーをして負けた後のロッカールームはいつもこんな様子だ。大したことじゃない」とコメントした。

「負けが続いているからだよ。試合中はいろいろなことが起こる。フラストレーションのレベルは試合結果により上下するんだ。それは自分自身や他人に対する寛容さのレベルでもある。とにかく結果が精神状態を左右するんだ」
– J.J.レディック

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Mason P

    完全にトラベリングだww しかしどうしたクリッパーズ。GSW戦の逆転負けが尾をひいてる感じだなぁ… がんばれ〜!

    • 歩いてましたね笑
      クリッパーズはどうしたんですかね?ウォリアーズが相手だとすごくいい試合をするのですが(クラッチタイム以外は)、どうも安定しませんね。あとリバースHCも含め、審判に文句を言いすぎかと…。GSW戦でテクニカルを連続で取られた時には、ピアースがチームメイトに怒っていました。

  • bradnomu

    GSW戦のショックな負け方が尾を引いてます。シーズン序盤で良かったって感じです。
    浮上するには監督交代したほうがいいでしょう。特に、ゲームメークもアシストもできない息子をPGで重用するのは、私もそうですが、プレーヤーもフラストレーションを溜めているのでは?ディフェンスもできないし、シュートはレイアップすらよく外すし、FTも60%台といいところなしなのに・・・

    • ヘッドコーチとGMの両立はやはり難しいのかもしれませんね。
      おっしゃる通り、リバースHCは息子やベテラン選手(クロフォード)に信頼を置きすぎている気がします。それからせっかくトレードで獲得したランスに見切りを付けるのが早すぎるような…。
      オースティンやクロフォードのプレータイムをもっとランスやスミスに回して、いろいろ試してみるべきだとは思いますね。そのためのシーズン序盤ですし。もしGMが別にいたなら、リバースHCに「もっと新顔を使ってくれ」と言えたかもしれません。

Back to Top ↑