Video デリック・ローズ ダブルクラッチ

Published on 10月 21st, 2014 | by Tunaパスタ

4

デリック・ローズ ダブルクラッチで3人かわしながらレイアップ

現地20日に行われたシカゴ・ブルズ対クリーブランド・キャバリアーズの試合で、デリック・ローズが完全復活を期待させるような爆発力溢れるプレーを披露した。

この日のローズは、試合序盤から持ち前のスピードを活かしたドライブで繰り返しゴールをアタック。第3Q開始直後には、ヘジテーションムーブでカイリー・アービングを抜き去り、ヘルプに駆けつけたレブロン・ジェイムスとアンダーソン・ヴァレジャオを空中でかわしながらレイアップを決めた。

 

▼ローズとアービングのゲームハイライト

ローズは24分の出場時間で4本のスリーポイントを含む30得点を獲得。さらにターンオーバーはゼロと素晴らしいパフォーマンスだったが、この日の試合を制したのはキャブスだった。

キャブスは、アービングが28得点/7アシスト、ヴァレジャオが22得点/8リバウンドをそれぞれマーク。レブロンは18得点、7リバウンド、6アシストを記録してる。

Q1 Q2 Q3 Q4
CHI 17 32 26 23 98
CLE 21 30 31 25 107

キャブスのデイビッド・ブラットHCはローズの復帰について、「バスケとボール関係者として、彼の復帰は非常に嬉しい。このリーグにとって特別な存在だからね。NBAにとって喜ばしいことだ。キャブスにとって喜ばしいかはわからないが」とコメントした。

ブルズとキャブスは、現地10月31日にレギュラーシーズン初対戦を行う。今季はこの2チームの激しいバトルが期待できそうだ。

Video:「YouTube

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • maxmax

    アービング、ひとつオフェンスチャージングありましたね!

    • tunadrama

      確かにコンタクトの時点でローズのポジションは動いてなかったですね。

  • 名無し

    MVPステップに成す術もなくやられるレブロンさん
    でも歩いてましたよね…

    • tunadrama

      歩いてましたね。プレシーズンだから審判も結構適当なのかもしれません。

      別の試合では、タイリーク・エバンスが審判の目の前でボールを持ったまま後ろに4,5歩ほどムーンウォークしてましたが、トラベリングを取られませんでした。
      http://giant.gfycat.com/DiscreteSaltyAnnelida.gif

Back to Top ↑