Video デュラント 復帰

Published on 4月 10th, 2017 | by Tunaパスタ

2

デュラントが復帰戦でダブルダブル、ウォリアーズは14連勝

現地8日にオラクルアリーナで行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対ニューオリンズ・ペリカンズ戦は、膝の負傷で戦線離脱していたケビン・デュラントがついに復帰。31分の出場で16得点、10リバウンド、6アシストのダブルダブルを記録し、さっそくチームの勝利に貢献した。

▼KDはリバースダンクで試合最初の得点を獲得

「最初のプレイでダンクを決められるのは、どれだけ長く試合から遠ざかっていたとしても、すごく気持ちがいい」
– ケビン・デュラント

両チームで3人のオールスター(カリー、デイビス、カズンズ)が欠場したこの日の試合は、ウォリアーズが8点リードで迎えた第3Qを39-22で上回り、そのまま二桁点差を維持して圧勝。クレイ・トンプソンが20得点、カリーの代わりに先発出場したショーン・リビングストンが16得点を記録した他、イアン・クラークの17得点、ジャベール・マギーの16得点、アンドレ・イグダーラの15得点を含め、ベンチが合計58点をあげる大活躍を見せ、連勝記録を14に更新した。

ダブルダブルを記録しながらも、FG15本中6本成功(スリー0本)とジャンプショットにやや苦戦したデュラントだが、シュートタッチはすぐに回復してくるはず。スティーブ・カーHCも、デュラントの復帰にあたり、得点よりも守備やリバウンドに力を入れるよう告げていたという。

「良い意味で、オフェンスの心配はしていない。KDは点の取り方を知っている。例えシュートの調子が悪くても、得点を取ってくれる。大切なのは、来週にプレーオフが始まる際に、守備面で集中できているかどうか。それが今夜、そして次の2試合における彼の課題だ」
– スティーブ・カーHC

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • PANTA

    KDは前半こそ苦戦しましたが、後半からは調子を取り戻してきたようで、
    うまいこと好調の波に乗れたようです。
    やはりリバウンドが取れるのでDF面でも段違いですね。
    ベテラン勢が軒並み調子を上げてきてるのも嬉しい限りで、いよいよPOが楽しみです。

  • YusukeIndia

    待ちに待ったKDの復帰!
    ケガの直後は選手生命にも影響? なんてニュースも飛び交っていただけに、プレーオフ直前での復帰は喜ばしい限りです(^^)

    カリーとのコラボが見れなかったのは残念ですが、復帰緒戦としては申し分なかったと思います

    もはや死角ナシか?? 笑

Back to Top ↑