Video エリック・ゴードン ブザービーター

Published on 10月 26th, 2017 | by Tunaパスタ

2

エリック・ゴードンのブザービータースリーでロケッツが大逆転勝利

現地25日にウェルズファーゴ・センターで行われたヒューストン・ロケッツ対フィラデルフィア・76ers戦は、昨季シックスマン・オブ・ザ・イヤーのエリック・ゴードンがラストポゼッションで逆転ブザービーターに成功。ロケッツが敵地で劇的な勝利を飾った。

第4Q残り3分の時点で8点ビハインドと、絶対的に不利な状況に立たされていたこの日のロケッツだが、そこからシクサーズを無得点に抑えながら猛反撃。7-0のランで2点差まで追い上げ、残り6.4秒でボールを奪い返すと、続くタイムアウト明けのポゼッションでは、コーナーでパスを受けたゴードンが、ポンプフェイクとサイドステップでディフェンダーをかわし、終了のブザーと同時に逆転決勝スリーを沈めた。

ブザービーターを含む合計5本のスリーを沈めたゴードンは、ゲームハイの29得点をマーク。数秒しか残されていない状況で、サイドドリブルをついてからでも十分に間に合うと判断できる冷静さはさすがだ。ロケッツ(4勝1敗)は他に、ハーデンが27得点、13アシスト、クリント・カペラが16得点、20リバウンドでそれぞれダブルダブルを記録した。

試合の大部分でリードを維持しながらも惜敗を喫したシクサーズ(1勝4敗)は、J.J.レディックが22得点、ジョエル・エンビードが21得点、ロバート・コビントンが20得点をあげている。

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • YusukeIndia

    凄い試合でした!!
    終始シクサーズペースだったのに、最後の最後で劇的ショット! これはゴードンが素晴らしいとしか言いようがありません!
    ロケッツ、CP3いないのに全然強いですね 笑

    けど、敗れたものの、シクサーズ本当に強くなりましたね! 若い4人集次第と思ってましたが、レディックがずっと活躍してる印象です。
    あと、フルツが肩の痛みとか残念なニュースがありましたが、プレーオフまでに治して戦力になるんなら、ひょっとするかもしれないですね!

  • GEORGE

    まだまだ若いチームですね。終始TurnOverが多かったり、終盤、消極的だったり。もっと積極的に攻めてよかったと思います。このような状況のときこそ、チームが引っ張れるベテランが一人いればと思ってます。 シーズン通じてこのような試合が多くあると思うので、そこから学んで欲しいですね。  

    まだProcessは始まったばかりです。

Back to Top ↑