Video マーケル・フルツ 史上最年少

Published on 4月 13th, 2018 | by Tunaパスタ

0

マーケル・フルツが史上最年少でトリプルダブル

怪我の影響などで、理想とは程遠いNBAデビューとなった2017年ドラフト1位指名のマーケル・フルツだが、所属チームと同様に最高の形でシーズンを終えることができた。

シーズン最終日の現地11日、フルツはウェルズファーゴ・センターで行われたフィラデルフィア・76er対ミルウォーキー・バックス戦で13得点、10アシスト、10リバウンドを獲得。11月にレイカーズのロンゾ・ボールが樹立した記録を塗り替え、史上最年少でのトリプルダブル達成者となった。

▼19歳で達成

▼TD最年少記録

  1. マーケル・フルツ:19歳317日(13得点、10アシスト、10リバウンド)
  2. ロンゾ・ボール:20歳15日(19得点、13アシスト、12リバウンド)
  3. レブロン・ジェイムス:20歳20日(27得点、10アシスト、11リバウンド)
  4. デニス・スミスJr.:20歳34日(21得点、10アシスト、10リバウンド)
  5. ラマー・オドム:20歳54日(10得点、10アシスト、13リバウンド)
  6. ジョン・ウォール:20歳65日(19得点、13アシスト、10リバウンド)
  7. マジック・ジョンソン:20歳75日(15得点、10アシスト、10リバウンド)

▼残り時間1分で10本目のリバウンド獲得

この日のシクサーズは、前半を80-44で上回って早々と勝利を決め、連勝を球団新記録の16に更新。3位シードでのプレイオフ出場を確定させた。第1ラウンドではマイアミ・ヒートと対戦する。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑