Video ヤニス・アデトクンボ クーファス

Published on 11月 6th, 2018 | by Tunaパスタ

0

ヤニス・アデトクンボ、またしても人間離れしたダンクを披露

「なんでそこからダンクに届くの…?」、ヤニス・アデトクンボのプレイにそう思わされたのはこれで何度目だろう。

現地4日に行われたミルウォーキー・バックス対サクラメント・キングス戦の第3Q中盤、アデトクンボはハイ・ピック&ロールからドリブルで敵陣に鋭く切り込み、強烈なワンハンドダンクで同じギリシャ出身のコスタ・クーファスをポスタライズ。フックショットを放つ時のような踏み切り位置と角度だったので、バックスの実況アナウンサーはこのダンクを「フック・ダンク」と呼んだ。

アデトクンボのウィングスパンと身体能力があってこそ可能なスーパープレイ。ディフェンダーも、あそこからダンクされるなんて絶対に思わないだろう。

アデトクンボは試合後、同郷のクーファスを無慈悲にポスタライズしたことについて、「申し訳なく思っている」とジョークを交えて語った。

「彼(クーファス)はすごくいいやつだ。彼の家族や母親にも会ったことがあるし。ギリシャで再会する時は少し気まずくなるかもしれない。でもあれが僕の仕事だから仕方ないね」
– ヤニス・アデトクンボ

この日のアデトクンボは、30分の出場で25得点、15リバウンド、11アシストのトリプルダブルをマーク。バックス(8勝1敗)はチーム合計でフランチャイズ最多記録となる22本のスリーを沈めて144-109で圧勝し、キングスの連勝を5で終わらせた。

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑