Video ジェームス・ハーデン ディフェンス

Published on 11月 7th, 2013 | by Tunaパスタ

1

【動画】ジェームス・ハーデンの弱点はやっぱりディフェンスか?

ジェームス・ハーデンはすごいプレーヤーだ。高い得点力とプレーメイキング力でサンダー時代にシックスマンとして頭角を現し、ロケッツ移籍後はエースとしてチームをプレイオフに導いた。昨季は25.9得点、5.8アシスト、4.9リバウンドを平均。今やハーデンを「リーグナンバーワンのSG」とする声もたくさん聞こえる。

とはいえ、まだまだ完璧なプレーヤーとは言えない。特にディフェンスの甘さがたびたび指摘されており、5日に行われた対クリッパーズ戦ではそのマイナス部分が露呈してしまった。

▼ジェームス・ハーデンのディフェンス vs. クリッパーズ

この日のロケッツは、クリッパーズに139点を奪われ大敗を喫した。もちろんすべてがハーデンのせいというわけではない。だが上の動画のいくつかのポゼッションでは、マークを見失ったり、簡単にドリブルで抜かれたりと、完全に集中力を欠いている。ハーデンがガードしたJ.J.レディックとジャレッド・ダドリーは、合計で41得点(FG成功率14/26)を獲得した。

まだシーズンは始まったばかりだが、ハーデンは直ちに身を引き締める必要がある。チームのエースがこの調子だと、強豪揃いのウェスタンカンファレンスで上位に入るのは難しい。

ただ、この試合だけで「ハーデンはディフェンスができない」とするのは少しフェアじゃない。集中しているときは(本気を出せば?)、あのコービー・ブライアントをもシャットダウンする鉄壁の守りをみせる。以下がその証拠だ:

1対1のディフェンスはいい。ハーデンはピック&ロールやセットプレーの守りが苦手なのかな?

Thumbnail by GAMEFACE-PHOTOS via Flickr

Video:「YouTube

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • あんどりゅー

    腰が浮いてるのはクセなのかな?

Back to Top ↑