Video ホワイトサイド トリプルダブル

Published on 11月 18th, 2015 | by Tunaパスタ

5

ハッサン・ホワイトサイドが10ブロックのトリプルダブル!!

マイアミ・ヒートのハッサン・ホワイトサイドが、現地17日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦でチームハイの22得点、14リバウンド、10ブロックを記録。キャリア77試合で2回目となるトリプルダブルを獲得した。

10ブロック以上でのトリプルダブルは非常にレアなスタッツで、1985-86シーズンからの30年間でこれを記録したのはわずか20選手。さらに複数回達成したのは7人だけで、現役選手の中ではホワイトサイドのみとなる。

▼ブロックでのトリプルダブルを複数回記録した選手(1985~2015)

TD 試合数
ディケンベ・ムトンボ 10 1196
アキーム・オラジュワン 10 1283
デビッド・ロビンソン 9 987
ショーン・ブラッドリー 6 832
マーカス・キャンビー 3 973
ベン・ウォレス 2 1088
ハッサン・ホワイトサイド 2 77

ホワイトサイドの大奮闘もむなしく、試合はウルブズが103-91でヒートを撃破。最初の3クォーターで7点リードを奪ったヒートだが、ウルブズは第4Qを41-22でアウトスコアして逆転勝利を挙げた。

Q1 Q2 Q3 Q4
MIN 20 25 17 41 103
MIA 25 25 19 22 91

ウルブズは、アンドリュー・ウィギンスがゲームハイの24得点をマーク。ファウルトラブルで出場時間が26分に制限されたカール・アンソニー・タウンズは14得点、14リバウンドで今季7回目のダブルダブルを獲得した。

また5試合ぶりに復帰したリッキー・ルビオは、27分の出場で7得点、3アシスト、2スティールを記録している。

▼タウンズ

これでウルブズは今季成績が5勝6敗(ホーム0勝5敗、アウェイ5勝1敗)。ルビオが出場した試合では5勝2敗となっている。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 龍 辰巳

    彼は本当に、近年のNBAでも最高クラスの掘り出し物かもしれませんね。目下精神面くらいしかケチのつけどころがありません。そこが大事ではありますが 笑

    しかし、今年の新人ビッグマンたちも大活躍で、ビッグマン好きとしてはホクホクです。笑
    ポルジンギスは29点決めたりしてここまで期待値をはるかに上回ってますし、オカフォーとタウンズも自分たちの武器を遺憾無く発揮してますね。スタインも話を聞くにポテンシャルはまざまざと感じさせますし。
    まだ序盤とはいえ、この分だと新人王争いはかなり熾烈を極めそうですね!

    • ヒートにしてみれば、ホワイトサイドはまさにジャックポットですね。数年前までDリーグやユーロを転々としていたのが信じられません。後はメンタル面と、もう少しパスが出せるようになれば…。キャリア通算のアシスト数が9本で、ブロック数が184本とか異常です笑

      今年のルーキーはビッグが豊作ですね。ポルジンギスもこれほどすぐに活躍してくるとは想像できませんでした。ルーキーの中では、特にタウンズが別次元の活躍をしている印象です。デビュー年でダブルダブルを記録しながら、平均2ブロック以上を獲得し、フリースローを90%以上で決める選手など前例がありません。何よりもディフェンスが素晴らしいです。しかも平均出場時間は30分以下。もっとタウンズを出してやれとウルブズのHCに怒りすら感じます。
      ビッグマンとしては、デイビスやグリフィン、ハワードクラスの逸材だと思うのですが、ちょっと気が早いですかね…?

      • 龍 辰巳

        フリースローがそこまで高確率だとは知りませんでした!
        確かに、このままいけばハワードと同等以上のレベルにはほぼ確実に到達できそうですね。どこまで届くかは今後見て見ないとわかりませんが、フロックで大活躍できるほどリーグは甘くないと思うので、タウンズのタレントは証明されたも同然ですね。タイリーク・エヴァンズのように1年目がピークみたいなパターンはそうそうないですしね。笑

        シャックとモーニング以来の、真にチームをキャリーできるビッグマンになることを期待したいです!

  • CAVS! GOGO!

    ちょっと前まではビッグマンが弱くなったとか言われてましたが最近は、ホワイトサイド・ドラモンド・そしてルーキーのタウンズ・オカフォーなどいい選手が出てきたのは嬉しいです^_^
    その中でもタウンズの能力は光るものがあると思います^_^
    ポルジンギスは前評判を覆すパフォーマンスを見せてるのは大物の予感がしますね

    ペリカンズ・・・・・・・

    • ドラモンドも平均スタッツが19得点/19リバウンドとか異様なことになっていますね。
      それにしてもタウンズは凄いです。オフェンスの幅広さだけでなく、ディフェンスもフットワークがとても軽く、ピック&ロールの守り方などとてもルーキーとは思えません。まだ開幕したばかりで気が早いかもしれませんが、すでにルビオとウィギンスを超えて、ウルブズのベストプレーヤーになっている感じがします。
      タウンズはチーム練習が休みの日でも朝からジムに顔を出すほど練習好きらしいので、本当に期待しています。ウィギンスも含めてウルブズの未来は明るいですね。

      ペリカンズは…。

Back to Top ↑