Video クリッパーズ 試合後インタビュー

Published on 12月 15th, 2015 | by Tunaパスタ

3

インタビューを突然中断してロッカールームへと猛ダッシュするJ.J.レディックとクロフォード

延長戦に及んだ現地14日のロサンゼルス・クリッパーズ対デトロイト・ピストンズ戦で、第4Q残り19秒に同点のスリーを沈めたJ.J.レディックと、OTに決勝スリーを決めたジャマール・クロフォード。勝利の立役者となったこの2人が、試合後のコートサイドインタビュー中になんとも不思議な行動を取り、中継を見ていたファンたちを驚かせた。

???リポーターの質問に応えながらも、周囲をキョロキョロと落ち着かない様子のレディック。何者かに後ろから肩を叩かれると、コメントを途中で中断して走り去ってしまった。近くにいた関係者たちも戸惑いを隠せずにいる。

別のカメラでインタビューを受けていたクロフォードも、レディックと同じく手短に済ませてダッシュで退散。

報道によると、どうやらクリッパーズは、「最後にロッカールームに帰ってきた選手がダンスをする」、という罰ゲームをやっていたらしい。クロフォードのインタビューカメラには、ロッカーへと急ぐJ.Jの姿が映り込んでいる。

クリッパーズ インタビュー

14日のピストンズ戦では、レディックが24得点、クロフォードが14得点をそれぞれマーク。他には、ブレイク・グリフィンが34得点、7アシストでチームを牽引した。

一方のピストンズは、レジー・ジャクソンが34得点、11リバウンド、7アシストを記録。アンドレ・ドラモンドは20得点、15リバウンドのダブルダブルを獲得している。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • フックシューター

    いやー、このインタビューは爆笑しちまいました笑
    もはや学生のノリですね笑
    大人になってもこういう行動してくれると、なんか遠い存在であったNBAプレイヤーが近く感じて、僕はもっとこういう事をやってほしいです。
    例えば、ヒート黄金時代のボッシュがロボットダンスとかイタズラしたりなど、ユニークな事をするNBA選手をもっと見たいです。
    こういう記事を上げてくれる管理人さんにも感謝です!

    • ありがとうございます!
      ビッグ3時代のヒートはすごく楽しそうでしたね。

      NBAの魅力の一つは、他のチームスポーツに比べて選手たちの個性がフューチャーされることが多く、身近に感じられるところだと思います。

  • Mason P

    チーム内の雰囲気いいじゃんww

Back to Top ↑