Video J.J.レディック フロップ

Published on 1月 30th, 2016 | by Tunaパスタ

0

クリッパーズのJ.J.レディックにフロッピング警告

NBAは現地29日、試合中にフロッピング行為をしたとして、ロサンゼルス・クリッパーズのJ.J.レディックに警告を与えた。

ルール違反とみなされた行為は、現地27日に行われたクリッパーズ対ホークス第2Q残り2分45秒でのプレー。3Pラインの外側でパスを受けたレディックが、ポンプフェイクとドリブルでディフェンダーをかわしてジャンプショットを放つ際に、空中で少し大袈裟に足を開くようなジェスチャーをし、その結果、背後にいたケント・ベイズモアがシューティングファウルをコールされた。

別のアングルから見ると、ベイズモアが後ろからユニフォームを引っ張っているのがわかるが、レディックが接触を誇張しすぎたため、NBAはフロップと判断したのだろう。

リーグのガイドラインによると、レギュラーシーズンでのフロッピング行為は1回目が警告で、2回目が5000ドルの罰金。そこから回数を重ねるごとに罰金が上がり、5回目で30000ドル、6回目以降は出場停止処分の対象になる場合もある。

今シーズンにフロップ警告を受けたのはレディックで8人目だ。

ソース:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑